北条時宗が気付いた覇権国の罠 : 月刊三橋事務局(経営科学出版)

先日からご案内している
「覇権国家日本編」が
先行予約販売価格で手に入るのは、
本日8月13日(火)までです。

そのため、お早めに詳細をご確認ください。

>詳細を確認する

また、先日からご案内している
こちらの動画の公開も本日8月13日までです。

まだの方は、こちらからご覧ください。

>ビデオを見る

============

「日本沿岸で遭難したアメリカ人を助けてくれないか」

もしあなたがアメリカ政府から
このように言われたとしたら、
断ることができるでしょうか?

おそらく、アメリカ人だからと言って
見捨てることはできない。

このように考えるのではないでしょうか。

1850年代の日本も、
アメリカ船の救助と、
石炭、食料、水などの補給を
アメリカから頼まれたのですが、

「アメリカ人の遭難者を見捨てることはできないし、
石炭も売れることだから受け入れてもいいかな」

このように考え、アメリカの頼みを受け入れました。

しかし、これには大きな罠が仕掛けてあったのです…

実はこのアメリカの依頼を受け入れてしまったことによって、

日米修好通商条約などの
不平等条約を結ばされることになり、

同じような条約を

オランダ、イギリス、ロシア、フランスなどと
結ぶ羽目になってしまったのです…

その後、日本は不平等条約を
平等な条約にするために、

その後起こる大戦争に巻き込まれていったのです…

そして、驚くべきことに、
この時仕掛けられたような罠を
日本に行おうとしたのは、

アメリカが初めてではありません。

実は、モンゴルやスペインという

過去の覇権国も、

日本に対して同様の罠を仕掛けてきていたのです。

モンゴルのときは、北条時宗が
スペインのときは豊臣秀吉がその罠に気づき、

 
いち早く対策をうったおかげで、
まんまと罠に引っかかることを防ぐことができました…

もしその罠にまんまと引っかかっていたら、
大東亜戦争で日本が敗戦してしまったように、
日本は他国に支配されていたかもしれません…

過去の覇権国が日本に仕掛けてくる罠とは何なのか?

そして過去の日本人たちは

どうやってそれに気づき、

そしてどうやって、
時の覇権国の侵攻を食い止めたのか?

その真相はこちらからご覧ください。

>真相を確かめる

アメリカや中国・ロシアと言った
覇権国またはその候補となる国は、

日本が好む、好まざるに限らず、
自国の利益が最大化することだけを考えて、
日本に接触してきています…

私たち日本人がそれに気づいていようがいまいが、
そんなことは関係ありません…

むしろ今の日本のように、
メディアが統制され、
本当の事実が語られない歪んだ状況の方が
他国としては非常に都合がいいのです。

我々日本人が国民としての
意識が薄れたまま、
個人個人が自分のことしか考えない
バラバラの状態でいたら、

それこそ覇権国の思う壺ではありませんか。

そんなことを防ぐためにも、

先人の功績や過去の過ちから教訓を得て、
私たちの日本が再び復活し、
アメリカの覇権を継ぐ者として
君臨するための道しるべとなる商品が
「覇権国家日本編」です。

こちらの商品には提供から
30日間の完全返金保障が付いているので、
あなたにリスクは全くありません。

講義を全て見て、
払った金額以上の
価値がないと思われたなら、
躊躇せず、返金していただければと思います。

罪悪感を抱く必要は全くありません。

カスタマーサポートに
電話・またはメールをしていただければ、
簡単に返金することができます。
しつこく返金理由を
問うことはありませんので、
安心してください。

なぜ、ここまでするのかというと、
それほど自信のある商品だからです。

そのため、少しでも興味を持ったなら、
通常販売価格の
1万3000円引きで手に入るのは今日までなので、
お忘れになることがないように
お試しのつもりでお申し込みください。

>詳細を確認する

PS.

覇権国家日本編を予約販売価格で
手に入れることができるのは、
本日8月13日(火)までです。

通常販売価格の1万3000円引きと、
最もお得な価格での提供となっているので、
興味のある方はお早めにお買い求めくださいね。

>ここから詳細を確認する

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ