プロが教える”あおり運転”の対処法 : 丸谷元人

<月刊インテリジェンスレポート番外編>
 
このメルマガをお読みのあなたのために
 
危機管理のプロである丸谷元人さんに
あおり運転の対処法をお聞きしました。
 
ぜひこちらのリンクからご確認ください。
 

プロが教える”あおり運転”の対処法

 
 
 

 
 
「前の車に妨害されたと感じた」
「危険な運転をしたつもりはなかった」
 
先月の常磐道あおり運転事件を
覚えていますか?
 
危険運転を繰り返す宮崎容疑者。
暴行を受ける被害者。
 
トライブレコーダーの映像は
衝撃的なものでした。
 
「この人たちは頭がおかしい」
「こんな危ない人もいるのか」
 
そう感じたかもしれません。
 
 
しかし、
決して他人事ではないのです。
 
ある保険会社のデータによると、
自動車を運転する人の70%が
あおり運転を受けたことがあるといいます。
 
このメールをお読みのあなたも
運転中に挑発されたことが
おありかもしれません。
 
 
自分は安全運転をしていても
命の危険に晒されることもあるのです。
 
もしあおり運転の標的にされてしまったら、、
あなたはどう対処しますか?
 
また今回の被害者は
どうすればよかったのでしょうか?
 
 
常磐道あお り運転の被害者は
”あるミス”を犯してしまった。
危機管理コンサルタントの丸谷さんは
そう話します。
 
 
”自動車のトラブルで
絶対にやってはいけないこと”
 
こちらからご確認ください。
 

車上トラブルで絶対にやってはいけないこと

 
 
 
 
ダイレクト出版
丸谷元人事業部 峯島基

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ