「オバマvs.プーチン」嘘つきはどっち?: 北野幸伯・ダイレクト出版

<昨日公開した新ビデオ>
298名全員死亡…
「5年間、世界中が翻弄された
飛行機事故の真相」はもう
ご覧いただいけましたか?

もしまだの場合は
今すぐこちらからご覧ください

>今すぐビデオを視聴する
(*公開は10/17(木)まで)

米国オバマ大統領は
事件が起きるとすぐに、
「ロシアの支援により起きた事件だ」
と発言した…

民間人約300人が犠牲になった
史上最悪と言われる飛行機「撃墜」事件…

事件が起きたのは、
ウクライナの上空だった。

当時その地域では、
”独立&ロシアへの編入”を望む
活動家たちによる独立運動が起きていた。

オバマ大統領は、
その独立派が犯人だと言い、
「独立派がやった強力な証拠がある!」
と述べた。

さらに、その責任はロシアにあると主張し…

「洗練された装備や訓練がなければ
航空機を撃墜することはできない。
ロシアが提供しているはずだ」

「このまま支援を続けるなら、
制裁を強化しなければならない」

と、厳しくロシアを批判した。

米国政府発表のニュースは
あっという間に世界に広まり、
英国、EU、日本が
ロシアへの制裁に加わった。

しかし、間もなくして、
この米国の公式発表には
いくつかの疑問が投げかけられた・・

ロシアが本当に黒幕だとして、
一体どんな目的があるのか?

独立派を支援しているのなら、
国際社会を敵に回すことになり、、
自分で自分の首を絞めている
ようなものではないのか…

さらに、オバマ大統領が言う
強力な証拠はどこなのか?

それまで米国政府は
独自の証拠を全く公開していなかった。

ロシア曰く、
米国の軍事衛星が撃墜の時間帯に、
偶然なのか意図してか、、
ちょうどウクライナの上空にいた。

そのため、どう撃墜されたかを示す
衛星写真を持っているはずだと言う。

そこには何か公開すると不都合な
事実があったのだろうか?

事件の真相は一体何だったのか?…

それを読み解く鍵は
この事件で本当に得をしたのは誰か?
ということにありました…

>クリックしてビデオを視聴する

ダイレクト出版 政経部門 寺井直斗

p.s.
事件の真相がはっきりするまで
5年もかかった理由の1つに、
各国の報道が錯綜していたことが
あります。

米国側に限らず、
世界の報道を詳しく見てみると、
かなり食い違っていました…

元大統領顧問、北野先生によると、
そこには世界メディアの「洗脳構造」が
隠されていました…

そのカラクリを
実例をもとにこちらで
明かしています…

>世界メディアのカラクリを知る

**********
私たちは
「日本人を情報戦に強くする」
ミッションのもと、SNSでも
役立つ情報を配信しています。
よろしければフォロー・登録して
いただけると嬉しいです。

<北野 幸伯のパワーゲーム>

>公式YouTubeチャンネルに登録する

<ダイレクト出版政経部門・ルネサンス>
一流の有識者の発信する
最新情報~裏話までお届け。

>公式YouTubeチャンネルに登録する

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ