竹中平蔵のせいで非正規雇用はどのくらい増えたか? 月刊三橋事務局

竹中平蔵のせいで非正規雇用はどのくらい増えたか?

突然ですが、問題です。

今、日本の非正規雇用は、
労働者のうち何割でしょう?

A)2割
B)4割
C)6割





それでは、答えの発表です。
答えは、Bの「4割」です。

労働者の10人に4人、
総数にしておよそ2120万人が
非正規雇用というのは、
あまりにも多いと思いませんか?

「竹中平蔵パソナ現会長の“改革”で、
4割が非正規雇用で働く日本に…
人に値する生活を営めず」

2019年5月6日に
ビジネスジャーナルへ
投稿されたこちらの記事では、

正規雇用の上司のセクハラに抗議すれば、
最悪の場合、雇い止めになったり…

有給休暇もボーナスもなく、
身分や収入がとても不安定だったり…

そのようなシステムが、
人を幸せにするものだとは
言えないと主張しています。

スズメの涙ほどの給料、
しかも不安定な非正規雇用は、

子供を持つことはおろか、
結婚さえも諦めることが多いようで…

未婚率の増加や草食男子の出現の
真の原因は「非正規雇用の増加」とも
言われています。

実際、東京大学の研究によると、
非正規雇用の「性交渉未経験率」は、
正規雇用の3.82倍

正規の10人に2人が経験ナシとしたら、
非正規の10人に7人が経験ナシ、、、
という計算になります。

Yahoo知恵袋でも、
「非正規労働者は恋愛結婚不可能ですよね?」
という質問がたくさん出ています。

非正規、本人たちの実感からしても
やはり厳しい状況だということです。

想像してみてください…

私たちの子供や孫が、
非正規として働かざるを
得ない状況に追い込まれ…

これっぽっちしかない給料で、
毎日、上司の理不尽に耐えながら、
それでも生活のために働く姿を…。

いつ職を失うともわからないので、
結婚や家庭を持つことすらためらう姿を…。

誰かを愛し、愛されることを経験せず、
独り身で人生を終えるという姿を…。

本人がいかに豊かな生活を望もうとも、
非正規という不安定な雇用である限り、
それを叶えるのは難しいのが現実です。

これをその人の「自己責任」と
切り捨てることは簡単でしょう。

実際、ホリエモンのような人々は、
「日本が終わってるんじゃなくて、
『お前』が終わってんだよwww」

と言い放ちます。

でも、それは本当でしょうか?

今、日本で非正規が増えているのは、
その人だけの責任なのでしょうか?

例えば、ほとんどの企業が、
正社員ではなく非正規社員を
増やそうとしているとしたら…

そもそも正社員の枠が
減らされるということです。

そうした要因を考えずに、
「自己責任論」を押し付けるのは、
短絡的なモノの見方と言わざるを得ません。

実際、国ぐるみで派遣社員を
増やそうという動きがあった
ことを覚えていますか?

2001年3月―

ほとんどの国民は忘れて
しまったかもしれませんが…

ここから全ての悲劇は始まりました。

小泉政権&竹中平蔵の行った

さまざまな「改革」の数々。

そして、日本経済を良くすると言われた
その改革たちが私たちに及ぼした影響とは…

その真相に迫る…

>詳しくはコチラ
※11/6(水)までの限定公開

経営科学出版 月刊三橋事務局 大口

PS
ホリエモンのような自己責任論者は、
「悪いのは社会ではなく自分」と洗脳し、

信者と化した貧しい若者たちに
中身がスカスカの自己啓発本を売りつけ、
「起業して稼ごう」とオンラインサロンで
セカセカと稼いでいます。

もちろん、その中から起業して
実際に成功する人もいるでしょう。

でも、そんなことをしないと
報われない社会は、果たして、
良い社会と言えるでしょうか?

例えば今、教師は長時間労働、
かつ低賃金という大変な職です。

しかし、国の未来を担う、
将来の世代を育て上げる
尊い職業でもあります、

そんな彼らに対し、
「教師は低賃金だから、
 起業して稼ごうよ!」
とそそのかした結果、

教師をする人がいなくなったら…
誰が子どもたちを育てるのでしょう?

なんでもかんでも
自己責任にするのではなく、
社会全体が上手く繁栄するよう、
おのおのが必要な役割を担い、
全員が豊かな生活を享受する。

そんな社会を実現すべきだとは
思いませんか?

そのためにはまず、
私たちを苦しめる貧困化が
私たちの責任だけではなく、

国の誤った政策によって
もたらされているものだと
知る必要があります。

そのために用意したのが、
こちらの特別ビデオ…
>日本経済の復活を妨害する「悪人」の正体

です。

公開は今日から3日間限定、
11/6(水)までです。

いますぐご覧ください…
>詳しくはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ