【鳥兜】ポスト・トゥルース時代の日韓関係 : 『表現者クライテリオン』

【鳥兜】ポスト・トゥルース時代の日韓関係『表現者クライテリオン』

 慰安婦問題、日本海レーダー照射問題などで揺れる日韓関係だが、さらに昨年十月、韓国大法院が新日鉄住金(現・日本製鉄)に出し「徴用工判決」を発端として、日韓関係は決定的に悪化した。

韓国側の「日韓基本条約」無視の態度に対して、日本側は韓国を貿易管理上の優遇措置の対象である

「ホワイト国」除外を決定。

対して韓国は、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を通達

日韓関係は戦後最悪の「冷戦状況」を迎えている。

 両国の間にあるズレについては、これまでも様々な論評が行われてきた。

たとえば、一九六五年の「日韓請求権協定」で「完全かつ最終的に解決」されたと言われる戦後補償の問題とは別に、過去の併合条約を「無効」(日韓基本条約)とする時期に関しては玉虫色の決着であり、

そこに両国の対立の芽があるのだとか(併合時において既に併合条約は無効だったと言う韓国に対して、日本は条約が無効になったのは戦後だと解釈している)、

そもそも一九一九年の抗日運動である「三・一運動」を国家建設のアイデンティティとしている韓国において、「反日」というのは国是なのだとか(確かに、韓国の憲法前文には「三・一運動」についての言及がある)、

それに加えて、中国の台頭、北朝鮮の核保有、アメリカのアジアからの後退などの国際情勢の変化によって、これまで「安保と経済」という蓋で抑えられてきた韓国の〈反日ナショナリズム〉が復活してきているのが原因なのだとか……。

 それぞれの説には一理も、二理もあろう。

が、やはり文在寅大統領の行動に限っては、単なる「反日」以上の「ヒステリー」が孕まれているように感じられるのも否定できない。

おそらく、そこにあるのは、現在の文在寅政権に瀰漫する「ポスト・トゥルース」の空気

言い換えれば、歴史的事実や法律よりも、己の感情と、それが作り出す「正しい歴史」を優先してしまう態度、その「革命史観」に支えられた「歴史修正主義」への狂熱である。

 もちろん、それは「日韓請求権協定」に対する韓国の常識外れの解釈にも現れているものだろうが、問題はそれだけではない。

今年三月に執り行われた「三・一独立運動百周年記念式典」で、国内の保守派(親日残滓)の「清算を進める」と宣言した文大統領は、「反日独立運動」の犠牲者について過大な数字(学術的に根拠のない数字)を並べ立てた上で、「韓国軍のルーツ」について、なんと韓国初代大統領の李承晩ではなく、

大韓民国臨時政府から後に北朝鮮軍に寝返った軍人(韓国からすれば裏切り者)である金元鳳(キム・ウォンボン)の名を挙げたのである。

それは、小学校の教科書から、日韓基本条約締結に伴う経済協力の成果であり、また韓国近代史の礎である「漢江の奇跡」(親日残滓である朴正煕大統領による高度経済成長の達成)という言葉を消したのと同じ傾向であろう。

 要するに、文在寅政権は、自分に都合のいい〈正しい歴史=ナルシシズム〉のためなら、歴史的「事実」を裏切ってでも、「日本の影」を払拭し、「親北政策」を貫きたいのだということである。

 が、個人の場合でも同じだが、自分にとって不都合な記憶を引き受けることのできない人間が、自信をもった主体性(ナショナリズム)を養うことはあり得ない。

一度、記憶を誤魔化した人間は、次も誤魔化す。

そして、その誤魔化しが積み重なれば人は病む。

おそらく国も同じだろう。

韓国の「反日」が不気味なのではない。

その「反日」に名を借りた歴史の誤魔化しが不気味なのである。

その「?」がどこまでもつのか。韓国を「他山の石」としながらも、私たちは厳しく、しかし、冷静にその動向を見守っておく必要がある。

(『表現者クライテリオン』2019年11月号より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。
https://the-criterion.jp/subscription/

その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。
https://the-criterion.jp

ご感想&質問&お問合せ(『表現者クライテリオン』編集部)
info@the-criterion.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ