【浜崎洋介】平成文化と「クールジャパン」​の虚妄 : 表現者クライテリオン

【浜崎洋介】平成文化と「クールジャパン」​の虚妄 : 表現者クライテリオン

こんにちは、浜崎洋介です。

前々回は平成政治の「空虚さ」について、前回は近衛文麿政権の「空虚さ」について述べました。

が、「空虚」なのは、なにも政治に限ったことではない。

それどころか、それらの政治的空虚は、まさに私たちの文化的空虚と共に生み出されたものでした。

それを象徴しているのが、おそらく、「政治改革」がはじまるのと同じ90年代から人口に膾炙しはじめる「サブカル」という言葉であり、

また、それを受けて造語された「クールジャパン」という言葉でしょう。

今回のメルマガでは、丁度一か月前に出演した討論番組─「クールジャパンの空虚と日本文化の現在」
https://www.youtube.com/watch?v=DmYs2K5pe8Q&feature=emb_logo

での議論を要約しながら、改めて平成日本の文化状況について考えてみたいと思います。

ただし、最初に断っておきたいのは、私自身は、アニメ・マンガを見て育った世代であり(未だに見てますが…笑)、「サブカル」それ自体を批判する意図は全くないということです。

ただし、それでも、「サブカル」という言葉が「持て囃されてきた文脈」に対しては、やはり違和感を禁じ得ない。

というのも、「サブカル」を評価する文脈が、常に「世界で市場を獲得し得たかどうか」という文脈、つまり、「外国人」と「市場」にあるからにほかなりません。

では、なぜ一部の「サブカル」は、90年代以降に世界市場を獲得しはじめるのか。それは、おそらく「サブカルチャア」と「サブカル」の違いにヒントがあります。

劇作家・演出家の宮沢章夫氏によれば、「サブカルチャア」という言葉が初めて登場したのは、1968年2月号の『美術手帖』のなかで金坂健二氏(写真家、映像作家、批評家)が「惑溺へのいざない─キャンプとヒッピー・サブカルチュア」という文章を書いた時だとのことです(1)。

が、その時代と題名から推測できる通り、そこで言われた「サブカルチュア」という言葉は、

「都市化と工業化がほとんど飽和点に達して」以後に現れ始めたヒッピー文化や、ニューエイジ文化、あるいは、ポストモダニズムとも関係した言葉でした。

つまり、当時の「サブカルチュア」という言葉は、「反文明(後文明)」という回路を通じて、「カウンターカルチュア」とも繋がりをもっていた言葉だったということです。

では、「カウンターカルチュア」とは何なのか。

それは、ヨーロッパ経由で齎された「上位文化」(中心)に対して、それ以外の国の「下位文化」(周縁)からの異議申し立ての延長線上に現れてきた文化だと言えます。

たとえば、黒人から発したジャズやブルースあるいは、白人の下層階級に発したロックやパンク、

また日本で言えば、「アングラ演劇」なども「カウンターカルチャア」のうちの一つに数えていいでしょう。ということは、

「カウンターカルチュア」とも繋がりのある「サブカルチュア」という言葉の中にも、「土着性」や「階級性」の響きが残っていたということであり、それにゆえに、80年代までの「サブカルチュア」のなかには、それ固有の「アウラ」が孕み込まれていたのだということです。

しかし、「サブカルチュア」が「サブカル」と略されはじめる90年代、いよいよ、その「アウラ」が霧散していくことになる。

たとえば、その現象を、社会学者の宮台真司氏は、「日本的なサブカルチュアによる社会的文脈の無関連化」(フラット化)と呼んでいますが(2)、要するに「サブカル」とは、80年代までの「サブカルチュア」が、日本固有の文脈(一つの対抗性)を失って、

いつでも誰でも消費できるようなもの──取り換え可能な商品──と化していったときに登場してきた言葉だということです。

たとえば、それは文学を例にとると分かりやすい。

日本固有の文脈を担っていた大岡昇平の戦争文学や、安岡章太郎の私小説あるいは中上健次の紀州サーガなどが、世界市場で売れるということは考えにくい。

が、後に「J文学」などと持て囃されることにな村上春樹以降の日本文学は、次第に世界市場を獲得していくことになるのです。

そして、この「文学のサブカル化」は、まさしく、日本人の「生活世界」が空洞化し、目の前の「現実」がフラットになっていく90年代以降のグローバリズム現象と軌を一にしていたのでした。

こうして2000年代、「サブカル」という言葉の延長線上に、いよいよ「クールジャパン」という言葉が登場してくるのです。

が、その言葉の由来は、もちろん「日本人」ではなく「外国人」でした

それは、たった三ヵ月だけ日本に滞在した外国人ジャーナリスト=ダグラス・マッグレイの書いた論文「ナショナル・クールという新たな国力─世界を闊歩する日本のカッコよさ」

(『中央公論』2003年5月/Japan’s Gross National Cool,2002)に由来する言葉だと言われますが(3)、たとえば、そのなかには次のような一節があります。

「三宅一生のガウンのように、世界に広まる『日本』は、時には純粋である。

しかし、クリームチーズをサーモンで挟んだスシのように、そうでない場合もある。

しかし、文化的に正しいかどうかは問題ではない。

肝心なのはジャパニーズ・クール(日本的カッコよさ)の香りだ」(神谷京子訳)

けれども、「文化的に正しいかどうかは問題ではない」のだとすれば、どうやって「日本的カッコよさ」を判断すればいいと言うのか

なるほど、マッグレイが称揚する対象を見れば、だいたいの推測はつく。

マッグレイは、「政治、経済上の落ち込み」に比して「衰えを知らない」ように見えるマンガ、アニメなどの「日本のグローバルな文化勢力」、

それこそが「ジャパニーズ・クール」だというのです。

が、それなら「クールジャパン」なる掛け声の裏には?製造業がダメなら、文化で金儲け?とでもいうような、安易かつ軽薄な文化観があると言うことになりはしないか。

実際、その後に政府が作ったクールジャパン室」(2010年)なるものは、文化庁ではなく、経産省のなかに設置されていたのでした。

しかし、だとすれば、「クールジャパン」という言葉自体は、「日本的なものが世界に受け入れられた(売れた)結果」を指した言葉ではなく、「世界に受け入れられた(売れた)ものこそが日本的なものだ」という倒錯をこそ意味しているということになります。

事実、現在、「クールジャパン」の名で呼ばれているものは、映画、音楽、漫画、アニメ、ドラマ、ゲーム食文化、ファッション、現代アート、建築、武道、日本料理、茶道、華道、日本舞踊、自動車、オートバイ、電気機器などの日本製品などに及び、

そこに何か統一的なコンセプトを見出すことはできません。つまり、それが「正しい日本文化」でなくても、

あるいは、それを発信しているのが「日本人」でなくても、「儲かる文化表象は全てクールジャパン」なのです。

それは、まるで「日本」そのものが「空虚な器」となってしまったがゆえに、そこにはどんな「まがいもの」(キッチュなもの)でも入るとでも言うように。

果たして、2012年、いよいよ安倍政権は「クールジャパン戦略担当大臣」を置き、「クールジャパン」の合言葉は、経産省を超えて、各省庁で口にされるようになっていきます。

が、それは言い換えれば、「日本」が、その固有の文脈(アウラ)を失って、完全に「空虚」に飲まれてしまったことを意味しています。

そして人々は、今、そんな「空虚さ」に見とれながら、「日本はクールだ!」とナルシスティックに叫び始めているというわけです。

「大衆社会(ニヒリズム)のおぞましさ、ここに極まれり」と言うべきでしょうか。

(1)宮沢章夫『ニッポン戦後サブカルチャー史』NHK出版

(2)宮台真司「一九九二年以降の日本のサブカルチャー史における意味論の変遷」(『日本的想像力の未来─クール・ジャパノロジーの可能性』NHKブックス所収)

(3)三原龍太郎『クール・ジャパンはなぜ嫌われるのか─「熱狂」と「冷笑」を超えて』中公新書ラクレ

※その他、マッグレイ論文の翻訳を含む『中央公論』(二〇〇三年五月号)の「特集・日本文化立国論」を参照させていただきました。著者の皆様には感謝も申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ