RPE: まるで米国への挑発、習近平「国賓招待」の危うさ

RPE: まるで米国への挑発、習近平「国賓招待」の危うさ

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

まず、お知らせから。

北野幸伯のユーチューブチャンネルができました。

メルマガで書いていない話、たくさんしています。

よろしければ、チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCmZhCyNWdRuqcIBc47GwhYg

では、本題。

皆さんご存知のように、私は最近、「習近平の国賓訪日」
に反対しています。

それで、しばしば、それ関連の記事を書いています。

なぜ、習近平の国賓訪日はまずいのか?

ダイヤモンドオンラインで4つの理由をあげています。

まだの人は、是非ご一読ください。

https://diamond.jp/articles/-/221300

ところで、「習近平の国賓訪日反対」について、いろいろ
な人が言及するようになってきました。

今回ご紹介するのは、産経新聞の大御所、古森義久先生の
記事です。

タイトルは、

<まるで米国への挑発、習近平「国賓招待」の危うさ>

JBpress 12/11(水) 6:00配信

重要なポイントをご紹介します。

<安倍政権が来年(2020年)春、中国の習近平国家主席を
国賓として日本へ招待する計画を進めている。

この計画が国際的に反発を買う見通しが強くなってきた。>

習近平の国賓訪日は、

「国際的に反発を買う見通しが強くなってきた」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうです。

なぜ?

<日本の対中融和政策が民主主義諸国の動きに逆行すると
して非難の声が高まっているのだ。

とくに米国の対中政策を阻害するとみられる危険性も高い。
>(同上)

「日本の対中融和政策が民主主義諸国の動きに逆行する」

そうです。

どういうことでしょうか?

古森先生は、欧米が、中国に対して警戒心を強めている例
を挙げておられます。

たとえば、NATOも中国を敵視しはじめた。

(NATOの主敵は、ロシア。)

<西欧諸国が多数加わる北大西洋条約機構(NATO)の29カ
国も、12月上旬に開いた首脳会議で中国からの「挑戦」を
初めて提起した。

首脳会議の成果をまとめた「NATO宣言」のなかで、

中国の最近の軍拡を含む影響力拡大を「挑戦」とみて、

「正面から対峙」する必要性を初めて宣言したのだ。>

(同上)

そして、アメリカは最近、香港問題、ウイグル問題で法律
を成立させています。

<ごく最近も、米国の政府や議会では、香港人権民主主義
法の施行、チベットやウイグルの人権弾圧に対する制裁措
置、台湾の民主主義への賞賛、といった動きがみられた。

そのすべてが中国共産党政権の人権弾圧への強い非難とな
っていた。>

(同上)

▼アメリカの戦いは、中国共産党政権崩壊までつづく

古森先生は、アメリカの反中政策は、質的にこれまでとは
全然違うと書いておられます。

<ここに来て米国の対中政策はついにルビコン川を渡った
といえるだろう。>(同上)

@ルビコン川を渡る=

もう後戻りはできないという覚悟のもと、重大な決断や行
動を起こすこと。)

<中国共産党政権の人権弾圧に対する糾弾は、“中国の心
臓部”への攻撃となるからだ。

 

共産党の独裁支配は人権弾
圧なしに無期限には続けられない。

共産党の人権弾圧を糾弾することは、共産主義を支える根
本の教理、つまりイデオロギーを否定することになる。>

(同上)

<トランプ政権はなぜ最近、中国の人権弾圧への非難を激
しくしているのか。

10月末のマイク・ポンペオ国務長官の演説が、その理由を
説明していた。

 ポンペオ長官は次のように述べた。

「米国はこれまで中国共産党政権の人権弾圧とその基礎と
なるイデオロギーの民主主義陣営への敵対性を過少評価し
てきた。

米中間の諸課題は、もはやそのイデオロギーの基本的な相
違に触れずには論じられない」。>(同上)

これ、非常に重要です。

「イデオロギーを否定する」ということは、

「共産党の一党独裁を否定する」のと同じです。

つまり、アメリカの戦いは、「共産党の一党独裁体制が崩
壊するまで」つづくことになる。

▼アメリカは、日本に「参戦」を求める

<ポンペオ長官はさらにこんなことも語った。

 「中国共産党のイデオロギーは、米国など民主主義諸国
との闘争と世界制覇のために軍事力の行使や威迫をも辞
さない。

だから米国は全世界の民主主義国と共同で中国の脅威と
対決する必要がある」

この部分を読めば、米国が日本にも中国との対決の姿勢
を求めていることは一目瞭然である。>(同上)

<だから米国は全世界の民主主義国と共同で中国の脅威
と対決する必要がある」>

<米国が日本にも中国との対決の姿勢を求めている>

決定的ですね。

日本は、中国を挑発する必要はありませんが、はっきりと
同盟国アメリカの側にいる必要があります。

▼同盟国を「サクッ」と裏切る日本政府

安倍総理は4年前、アメリカ議会でいいました。

<2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。

日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったので
す。

そして、そのときでした。

米軍は、未曾有の規模で救難作戦を展開してくれました。

本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子供たちに、
支援の手を差し伸べてくれました。

私たちには、トモダチがいました。

被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。

そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてく
れた。

──希望、です。

米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、
将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはな
りません。

米国国民を代表する皆様。

私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。

アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良
い場所にしていこうではありませんか。

希望の同盟──。

一緒でなら、きっとできます。>

この言葉が「真実」だったのかが試される時がきました。

日本の同盟国アメリカが、中国に戦いを挑んだからです。

希望の同盟国である日本は、「世界をはるかに良い場所」にす
るために動かなければなりません。

(ウイグル人が100万人強制収容されない方が、世界ははるか
に良い場所になるでしょう。)

ところが日本は、同盟国の敵である中国に接近しはじめたので
す。

しかも急速に。

なんと愚かなことでしょう。

1939年、第2次世界大戦がはじまりました。

日本は、愚かにも「ユダヤ人絶滅」を宣言しているナチスドイ
ツに接近。

1940年、日独伊三国同盟が成立しました。

それで必然的に敗戦したのです。

日本は今、ウイグル人100万人を強制収容所にぶち込んで洗
脳している中国に接近しています。

しかも、米中覇権戦争がはじまった直後からこういう動き
をしている。

嗚呼、日本は、また愚かな指導者のせいで敗戦するのでし
ょうか?

何の責任もない天皇陛下は、独裁者を喜ばせたい日本政府
のせいで、

「独裁者の友達」と批判されることになるのでしょうか?

<日本の習主席の国賓招待は、米国が非難する人権弾圧の
最高責任者への最大の厚遇となる。

習主席の責任下にある中国当局の行動を是認していると受け
取られてもおかしくはないだろう。>

(同上)

日本国民は、「また敗戦」するのでしょうか?

古森先生は、記事をこう締めくくっておられます。

 <日本としては、習主席を国賓として歓迎する日本の動
きが米国に対する挑発に近いメッセージと受け取られな
いような考慮が必要だろう。>(同上)

というか、「国賓訪日」やめさせてください。

反対している自民党議員の皆さま、どうかがんばってくだ
さい。

心から応援しています。

●PS

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊
がお勧めです。

●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓
https://amzn.to/317ui8w

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s

●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓
http://amzn.to/2iP6bXa

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ