「増税のウラで施行された”法律”」: 水道民営化法案

「増税のウラで施行された”法律”」: 水道民営化法案

昨日から公開している、
こちらのビデオはもう
ご覧いただけましたか?
「ボリビアの水戦争」
最後の一滴まで…水を奪われた国家の悲劇
まだの方は、こちらからご覧ください。
クリックしてビデオを観る
「増税のウラで施行された”法律”」
昨年10月、消費税が
10%に引き上げられました。
そして、それと同時に
”ある法律”が施行されたことを
○○様は知っていますか?
その法律とは、、、

 

「改正水道法案」です。
世の中の関心が
消費税増税ばかりに向いていたので
知らなかった人も
多いのではないでしょうか?
これにより、
“水道の運営を民間企業に
任せることができる”ようになります。
表向きには、
・運営コストの抑制
・サービスの質の向上
がうたわれていますが、、、
実際に
「水道の民営化」をした国では
何が起こったのか?
これを見れば、この法律の危険性が
見えてくるかもしれません…
「水」を売った国の末路

 

 
ダイレクト出版:
丸谷元人事業部 酒井佑樹
p.s.
世界でも多くの国々が
「水道の民営化」を行なっています。
しかし、そのうち235の地域で
民営化した水道事業を

 

「再び公営化」しています。
民営化したほとんどの地域で
失敗に終わっているということです。
つまり、日本は世界の流れと
まったくの逆を行っていることに…
これから日本で起こる?水の危機

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ