「名目」GDPの落ち込みが、半端なくヤバイ~安倍増税ショックの真実~From 藤井聡@京都大学大学院教授

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2020年2月19日

 「名目」GDPの落ち込みが、半端なくヤバイ
~安倍増税ショックの真実~

 From 藤井聡
  @京都大学大学院教授

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

令和2年2月17日、消費増税直後の四半期である令和元年10-12月期のGDP統計が公表されました。

その結果、激しい経済の冷え込みが明らかにされました。

(前期比)年率で6・3%も下落するという値が示されたのです。

年率6・3%と言えば、一年で35兆円もGDPが縮小するという勢い。

それは国民一人あたり、おおよそ30万円ものオカネを失っていくという、途轍もない冷え込みを示しています。

では、過去二回の増税時と比べて、今回の6・3%の下落というのは、どれくらいのものなのかを見みましょう。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2310086432425620&set=a.236228089811475&type=3&theater

ご覧の様に、今回の増税直後に、実質GDPが大きく下落している様子が見て取れます。

その下落は、97年増税時よりも激しいもの。

ただし、14年増税時と比べると、同程度の下落水準。

ですが、今回「2%」であった増税幅が14年増税時は「3%」ですから、実質GDPの凹み方は、

14年の方が「3/2倍」(1・5倍)であっても良いはず・・・なので、それを差し引くと、

今回の方が激しく下落していると言えそうです。

ただし・・・今回の増税のヤバさは、こっちの「名目値」の方がクッキリ表れています。

こちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2310098469091083&set=a.236228089811475&type=3&theater

ご覧の様に、過去二回の増税時、「名目」GDPは実は、消費増税後に全く凹んで無かったのですが・・・

今回は激しく凹んでしまっているのです!

過去二回の増税時には、名目GDPは、0%~2%弱という「プラス」の水準だったわけです。

にも関わらず、その時、先にも示したように、「実質」GDPは凹んでいました。
これはつまり、「実質」GDPの凹みの原因は、「消費増税がもたらした強制的な物価上昇」だけだったわけで、

国民が払ったカネの総額」は、実は全く減っていなかったわけです

ところが今回は、この図に示されたように「国民が払ったカネの総額」も実に5%近くも縮小してしまったわけです。

つまり前回までは、「国民のカネの支払い総額(名目GDP)は減らなかったが、モノの値段が上がったが故に、

買うモノの総量(実質GDP)が減った」という話だったのが、今回は、

「モノの値段が上がったが上に、国民のカネの支払い総額も減って、買うモノの総量が(ダブルの効果で)激しく減った」という事になったのです!

これはもう、異常事態。

これからコロナショックがデータに反映されていく事を考えれば、

日本経済が奈落の底に沈んでいく事は、もう確実と言えるでしょう

・・・では、なぜこんな事になったのでしょうか・・・?

ついてはまず、名目GDPの各項目に注目してみましょう。

————————–
消費    -9.0 %
住宅投資  -3.6 %
民間投資  -13.7 %
政府支出  -1.5 %
輸出    -2.3 %
輸入    -13.2 %
————————–
GDP   -4.9 %
————————–
(いずれも名目値、対前期年率変化率)

まず目立つのが、「投資」と「消費」の縮小。

その縮小率は13・7%と9・0%。

両者とも実に1割前後縮小したわけです。

それと同程度の下落を見せたのが「輸入」。

実に13・2%も縮小しています。

これはもちろん、国内の「購買力」の減退を反映したものですが、統計上は、これは激しく「プラス」に作用する変化です。

つまり、(購買力の減退故に)輸入が1割以上も「減る」事を通して名目GDPに対して大きくプラスの影響があったにも関わらず、

(同じく購買力の減退故に)消費と投資がそれを上回る水準で下落したため、トータルとして5%も名目GDPが縮小してしまったのです。

以上を踏まえると、今までの二度の増税では見られなかった「支払総額=名目GDPの下落」が、

今回、起こってしまったのは、今回の消費増税では過去二回に比べてより激しく

「購買力を減退」したからだという背景が見えて参ります。

ではなぜ、今回、「購買力の減退」が激しく起こったのかと言えば・・・一つの有力な仮説が、「10%という税率が、超絶に分かり易く、誰でもスグに税率を計算できるから」というもの。

これまで、 https://www.mag2.com/p/money/339998 などで詳しく解説して参りましたが、消費税というものは、

計算しやすければしやすいほど、購買力を減退させる効果」が大きくなることは、心理学研究から明らかにされてきていたのです。

そして、「10%」=「1割」という数字は途轍もなく計算しやすくなるため、購買力減退が激しく生ずることになるのです。

・・・この仮説の真偽の程は引きつづき、確認していくことが必要ではありますが、いずれにしても、

今回、今まで見られなかった「購買力の異様な減退」が生じているのは事実。

これに加えて、今は、外需が下落しているという背景もあるわけですから、日本経済はまさにこれから「地獄」になることは必至・・・。

にも関わらず、我が国のリーダーは、以上のデータが公表された直後に、こんな事を公衆の面前で臆面も無く嘯いています。

「経済対策の効果もあり基調として緩やかな回復が続く」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000043-reut-bus_all&

・・・・絶句する他ありません。

つまり、現下の大不況の最大の根本的原因は、「10%への消費増税」というよりもむしろ、

我が国の政治リーダーの「無見識」と「無責任さ」なのです。

誠に遺憾です。

追伸1:
こうした国家を滅亡に導きかねない政治リーダー達の「ウソ」について、徹底的に批判しました。是非、ご一読ください。

『ウソ』で自滅する国家 安倍・トランプ・文在寅
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B084B14TY6/追伸2:
感染症対策と同様、「安全保障」
問題においても日本は不十分な対応しか出来ていません・・・是非、ご一読ください。

政府は「プライマリーバランス」より「日本」を守ることを優先せよ! 
~奄美大島の基地視察が教えてくれた西南諸島“防衛”物語~
https://foomii.com/00178/2020021411000063573追伸3:
コチラの動画も是非、ご覧下さい!
https://www.youtube.com/watch?v=jglMLZLEE9U

/// 事務局より ///

毎月配信している河添恵子の
国際情報アナライズの最新号の一部を

2日間限定で公開します。

2月号のテーマは、
5Gの表と裏~デジタル覇権を狙う中国の野望です。

こちらの動画の公開は本日までですので、
お早めにご覧ください。

最新号の内容を無料で見てみる

————————————————
●三橋貴明のブログ
 ⇒ http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
————————————————
●有料メルマガ
 ⇒ http://www.mag2.com/m/P0007991.html
————————————————
●三橋貴明のtwitter
 ⇒ http://twitter.com/TK_Mitsuhashi
————————————————
●三橋貴明のプロフィール
 ⇒ http://keiseiron-kenkyujo.jp/profile/
————————————————

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ