財政拡大は評価され, 緊縮財政は罵倒される :  From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2020年6月1日

 財政拡大は評価され, 緊縮財政は罵倒される

 From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【今週のNewsピックアップ】

メディアが絶対に報じない
第二次補正予算の真相
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12600023849.html

で? いつ、財政破綻するの?
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12600256377.html

総額32兆円の第二次補正予算が
閣議決定されました。

無論、総額も中身も不十分で、
「最悪」10兆円強しか真水にならない、
自民党と財務省の双方が
「渋々納得する玉虫色の予算」
ではあるのですが、

4月末時点では、
「第二次補正予算はやらない。
やっても、数兆円」
という話が、永田町を飛び交っていたのですよ。

GW明けに「国民の声」を受けた
自民党の国会議員が騒ぎ、大規模予算を求め、
党側の岸田政調会長と
官邸側の西村経済再生担当大臣が汗を流し、
何とかまとめ上げたのが第二次補正予算なのです。

もちろん、恐慌下の日本経済を救うには
全く足りませんし、
「現金給付」「粗利補償」「消費税率0%」
も実現していない。

それでも、今回の第二次補正予算を
「評価するべき」と考える理由を、
三つ、挙げておきたいと思います。

一つ目。
元々は「補正予算? やらねえよ」と、
舐めた態度だった官邸、財務省が、

「国民の声を受けた
 自民党国会議員の奮闘」により、
一次補正を越す新規国債発行に
踏み切らざるを得なかった。

つまりは、憲法で保障された
「国民の財政主権」に基づき、
政党政治が機能し、政治が動いた。

この「成功体験」は大きいですよ

二つ目。
第二次補正予算が国会を通ると、
2020年度の日本のPB
(プライマリーバランス)赤字は、
約67兆円に達することになります。

PB赤字=政府の新規貨幣発行ですが、
2020年度の「政府貨幣発行額」は、
リーマンショック期や東日本大震災期の
二倍を超すことになります。

【日本の政府貨幣発行額(兆円)】

http://mtdata.jp/data_70.html#2jihosei

それにも関わらず、国債金利は上がらず、
インフレ率も低迷するという光景を、
今後の日本国民は目にすることになるのです。

何しろ、日本銀行が国債無制限買取を
宣言しており、さらに恐慌で総需要が
激減している以上、67兆円「程度」の
政府の貨幣発行、需要創出で国債金利や
インフレ率が上昇するはずもないのです。

結果的に、日本国民は
「財政破綻論が嘘だった」という現実を
目撃するか、あるいは「突きつけられる」
ことになります。

それにも関わらず、
財政破綻論を駆逐できないとなると、
「そんな国は普通に亡びるだろ」
としか言いようがないですよ。

三つ目。
政界に「財政拡大は国民から評価され、
緊縮財政は罵倒される」という空気が
醸成されつつある。

実は、これが一番でかい。
日本の国会議員の多くは、
所詮は空気で動くのです。

本気かどうかは分かりませんが、
5月29日、あの麻生財務大臣までもが、
↓こんなことを言い出した。

「増税に頼るのではなく、
 景気回復によって税収が伸びることを目指す」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31962

政治的なアドバルーンなのかも
知れませんが、とにもかくにも
現在の日本で権力を持っているのは
自民党なのです。

自民党において、
「財政拡大が評価され、
緊縮財政が罵倒される」
という空気が常識化したとき、
我が国の緊縮財政路線からの
脱却は本格化します。

そういう意味で、今回、
不十分とはいえ新規国債発行の拡大に
努力した岸田政調会長や西村大臣を、
少しだけでも評価し、
褒めて下さるとありがたく存じます。

◆過去十年以上に渡る三橋の言論活動の
「集大成」とでもいうべき、
「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(Kindle版)が刊行になりました。

https://amzn.to/2zotmDR
 書籍版は、6月26日に発売予定です。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ