英国・強姦事件と日本貧困化計画の真犯人 :月刊三橋事務局

英国・強姦事件と日本貧困化計画の真犯人 :月刊三橋事務局

昨日リリースした
【日本のカラクリ】

こちらの講座のご案内はすでにご覧になりましたか?

期間限定ではありますが、講座のリリースを記念して、
月刊三橋会員様であるあなたには、
通常販売価格の60%OFFでご提供します。

こちらの価格でご提供するのは、
期間限定ですので、
お早めに詳細をお確かめください。

詳しくはコチラ

============

あなたはイギリスで
こんな事件が起こっていたことをご存知だろうか?

テルフォード事件…

それはパキスタン人の組織によって
イギリス人の少女1400人以上がレイプされ、

麻薬漬けにされ売春された事件だ。

強姦した後は、
暴力を振るったり
銃を突きつけて脅したりして口を封じていた。

またガソリンをかけて火を付けると脅迫したり、
最年少では11歳の少女を
多数で強姦した例もあったと報じられた(産経ニュース)

しかもこの主犯格たちは
40年に渡りこのような強姦事件を繰り返してきたのだ。

イギリスは世界3位の移民大国であり、
イスラム系の移民を多く受け入れていた…

そのため、驚くべきことに ロンドン市民の約半数が移民となり、
このような移民による犯罪が多発するようになってしまった…

そしてこの事件について調べてみると、

非常に不可解な点があることがわかる。

それは、これだけ大胆な犯罪が
繰り広げられているにも関わらず、
なぜか警察は捜査をほとんどしていなかった。

そんな時、英国ミラー紙が
史上最悪のスキャンダルとしてスクープ記事を出した。

その内容は、
警察は「人種差別」や

「ヘイト」だと批判されるのを恐れて、
捜査介入もせず、放置してきたという内容だった。

さらに、警察だけでなく、
国営放送のBBCは、この事件について全く触れず、
放送しない自由を行使して、
国民の耳に入れないようにしていたのだ。

このように、過剰な平等主義によって
移民の犯罪について、「人種差別だ」という
レッテル貼りを恐れて、
警察もマスコミもはっきりと犯人を
言及しなくなってしまっていたのだ。

このような状況に耐えかねて、
イギリス国民はEUからの離脱を決定し、

また、移民受け入れ大国の
ドイツのメルケル首相は
「移民政策は間違いだった」と
自らの過去の過ちを認めるまでに至っている。

このように移民政策は

非常にリスクのあることだが、
世界の状況を考慮していないのか、

今になって移民を大量に受け入れようとしている国がある。

それは我が国日本である。

安倍総理は、
外国人労働者の受け入れ拡大に向けた
入管難民法改正案に関し、
「政府としては、いわゆる移民政策をとることは考えていない」

などと、明らかな嘘をついて移民政策を推進してきた。

イギリスのブレグジットや
アメリカのトランプ誕生など、
同じ国民を守るため方向に
転換しつつあるのにもかかわらず、

日本では、防災・復興・科学技術のために
必要な投資がなされず、
グローバリズムが無制限に進められ、
外国人や多国籍企業が日本国内に無制限に入り込み、

コロナショックで危機的な状況になっても、
同じ日本国民である公務員を叩く政治家、
自分の利益のために、政府支出の中抜きをする民間議員など、

日本人のことを助けるという国民意識を
持っているように思えますか?

このような状況のため、
日本国家そのものが激しく弱体化し続けている。

でもなぜ、日本では悪夢のスパイラルが、
続いてきており、それを転換することができていないのか?

それは、戦後から数十年間かけてつくられてきた、
日本にはびこる「闇」が存在していた。

そして、その「闇」を完成させたのが、
安倍政権だったのである。

日本を悪夢のスパイラルに
引きづり込んだ「闇」とはなんなのか?

そして、それを安倍政権が
完成させたとはどういうことなのか?

こちらからその真相をご確認ください。

ここをクリックして真相を確かめる

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ