[昭和・平成] 国難を乗り越えた絆の秘密 :北野幸伯のパワーゲーム  

[昭和・平成] 国難を乗り越えた絆の秘密 :北野幸伯のパワーゲーム  

大東亜戦争による日本敗戦…

責任を感じられた昭和天皇は
退位を考えられた…

海外も皇室は消えると
思い込んでいた。

しかし、国民の力を信じ、
陛下はある大決断をされた。

これが日本復興の礎となる…

詳しくはこちら

*****

我欲に溺れ国民に言うべきこともいえず、
いい訳を繰り返し、

何もしないでこの国を損ないつつある
政治家たちは、陛下に生き方の原理を見習うべきだ」

by 元東京都知事・石原慎太郎

2011年3月11日
東日本大震災が起きた後、

天皇陛下(現・上皇陛下)は
自ら被災地に行かれる御意志を
示されました。

陛下は翌年に心臓手術をすることが
決まっており、当時の石原都知事は
陛下の健康状態を気にされ、

石原氏:
「陛下もお疲れでしょう。
被災地は皇太子・秋篠宮両殿下を
名代に差し向けてはいかがでしょう。」

と進言されのですが、

陛下は石原氏に歩み寄り、、、

天皇陛下:
「石原さん。東北は私が自分で行きます」
と優しくおっしゃられました。

そのお言葉に石原氏は絶句したと言います。

陛下は万全ではない健康状態の中、
七週連続で被災地を巡幸されたのです。

被災者の中には、家族もみんな亡くなってしまい、
「なぜ自分だけ生き残ってしまったのか」
「どうやって死のうか」
と考えた人もいましたが

天皇皇后両陛下のお姿を見て
お声をかけていただき、
生きる望みが湧いてきたと言います…

その避難所で両陛下が声をかけられた、お言葉が、、

「生きていてくれてありがとう」

まさに身内にかけるようなお言葉でした。

このとき、被災者は
「天皇陛下が国民にとって、
父母のような存在であり、
これがどれほどありがたいか肌身で知った」
と言っています。

両陛下は見返りを求めない
真実の愛を国民に寄せ、
両陛下に接した国民は
「日本国民の父母」の姿を見ました。

これを彷彿とさせるエピソードが
昭和の時代にもありました。

昭和の国難といえば、
大東亜戦争の敗戦…

当時の昭和天皇は
絶望に打ちひしがれる国民を
励ますため大きな決断をします。

それは足かけ8年半にも及ぶ苦難の道のりでした…

昭和天皇:涙の巡幸記

-ダイレクト出版政経部門 久保 雄生-

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ