12年前の予言書が復活 : 北野幸伯[ダイレクト出版]

12年前の予言書が復活 : 北野幸伯[ダイレクト出版]

12年前発売された
1冊の予言書…

その本では、当時の状況からは
まるで信じられないようなことが
予測されていた。

しかし、そこに書かれていたことは、
すぐに現実となって目前に現れた…

その本の正体とは…?

詳細はこちら

=====

From: 国際関係アナリスト 北野 幸伯

今から12年前の2008年9月4日、

私は「隷属国家日本の岐路」という本を、
出版しました。

これは、基本「日本改革本」ですが、
いくつか重要な予測もしていました。

 ⑴アメリカは没落する

この本が出たのは、
リーマンショックの11日前。

リーマンショックを機に
アメリカの没落が始まりました…

それで、「タイミングよすぎ!」というメールが、
山のように届きました。

ですが、
「アメリカ発の危機が起きて、没落する」という話は、
2005年に出版した書籍から、ずっとしていたのです。

 ⑵アメリカは沈むが中国は沈まない

実際、危機をすぐに克服した中国は、
世界2位の経済大国にのし上がりました。

 ⑶日本に「親中政権」が生まれる

実際、この本が出版された翌年の09年、
「親中反米」の民主党・鳩山政権が誕生しました。

 ⑷尖閣から日中対立が激化する

これも、2年後に現実化しました。

2010年、尖閣中国漁船衝突事件が起こった。

2012年、野田政権が尖閣国有化を決め、
日中関係は戦後最悪になりました。

尖閣については、その後の本でもメルマガでも、
ずっと警告をつづけています。

実は、この本でしていた大事な予測は、
他にも4つありました。

今では、そのどれもが
ほとんどその通りに
現実化してしまっています。

ただし、1つだけ希望もあります。

日本を自立国家にするため、
とるべき解決策もこの本には添えていました。

その内容は、今も全く色褪せていません。

「まだ日本は間に合う」

ーーそんな思いから、この本に追記を施し、
今こそ多くの方にお届けしたいと思い、

「自立国家 日本の創り方」として復刻しました。

本書では、過去12年の日本を振り返るとともに、
これらの問題をバッサリと斬っていきます…

詳細はこちら

ダイレクト出版
北野事業部・高橋一樹

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ