[警告]中国の静かなる侵略「千人計画」の​正体 : 月刊三橋事務局

[警告]中国の静かなる侵略「千人計画」の​正体  :   月刊三橋事務局

 

本日より三日間に渡って、
「河添恵子の国際情報アナライズ」
初月100円でお試しすることができます。

その最新号として、
講座に関する記事と動画を無料で公開しています。

『トランプ大統領の宣戦布告』
中国人スパイの追放と取り締まり強化
今すぐ詳細を確認する

====================

米国と中国が、諜報(ちょうほう)
分野での対立を激化させている。

さながら米国とソ連が繰り広げた冷戦時代のようだ。

中でも禁錮19年の実刑判決を受けた
リーの事件の衝撃は大きかった。

諜報(ちょうほう)分野における米中の対立は、
米ソ冷戦の再来そのものといえる状態にあることを浮き彫りにしたからだ。

「この1年で、3人が中国のためにスパイをしていたことが明るみに出た。

悲しいことに、いずれも情報機関にいた者たちだ。
職員たちに強い警告を出さなければならない」

昨年11月、スパイ罪に問われた中央情報局(CIA)
元職員ジェリー・チャン・シン・リーの公判に臨んだ検事は、
こう言って厳罰を求めた。

判決などによると、
香港出身で米国籍を持つリーは、
1994年からCIA特殊要員として東京や北京などで勤務した。

2007年にCIAを去った後、香港に戻ったが、
10年4月に中国の情報機関員と接触。
米国の機密を渡して数十万ドルを受け取った。

捜査を担った連邦捜査局(FBI)防諜局長補佐の
ジョン・ブラウンはこの事件で
「国家の安全とCIAの職員らが深刻な危険にさらされた」と語る。

さらに2020年1月28日、
米マサチューセッツ州の名門大学であるハーバード大学で、
化学・化学生物学部長のチャールズ・リーバー教授(60)が
FBI(連邦捜査局)によって逮捕された。

ナノサイエンスの分野における
世界的権威であるリーバーの逮捕容疑は、
中国の武漢理工大学で研究所を設立するとして

中国政府から約150万ドルを受け取っていた上に、
毎月5万ドルの支払いを中国から受け取っていたこと。

これらは当局へ報告の義務があるが、
リーバーは捜査員に虚偽の説明をしたことで逮捕された。

さらに5月には、
オハイオ州のクリーブランド・クリニックで
研究者をしていた中国系アメリカ人チン・ワンが、

中国政府から研究助成金を受けて
中国の研究施設で役職をもっていることを
米国で虚偽申告したとして逮捕されている。

これらの動きに関して、
米国の連邦捜査局レイ長官が、
中国の「千人計画」は米国など諸外国の軍事関連などの
高度技術を違法に取得する手段だとして厳しい警告を発した。

そして、続けて彼が言うには….
続きはこちらから

今すぐ詳細を確認する
*米中新冷戦 激化する攻防~産業スパイの実態…

-月刊三橋事務局

PS
もしあなたが、
国際情報アナライズの月額購読をしてくれる
なら、3つの特典をご用意しています。

特典①
河添恵子×三橋貴明の特別対談動画をプレゼント

約50分に渡って行われた河添恵子と三橋貴明の対談動画を
特典として本講座とセットで手に入れることができます。

対談の内容は、中国とイギリスとの知られざる関係性についてです。
英国は、産業革命以降、世界の覇権国となりました。

この時悪名高いイギリスが行なった代表的な戦争がアヘン戦争です
中国(清)をボロボロにしたイギリスは、
中国(清)に対して多大な影響力を持っていましたが、
第二次世界大戦では多くの植民地を失い、現在は経済も停滞しています。

しかし、今まさにイギリスの逆襲が始まろうとしているのです。
それに対して中国はどう対応するのか?
イギリスはどのように動くのか?
教科書では教えられなかった現代史の真実をご覧ください。

特典②
9割の日本人が知らない米中冷戦の正体(PDFレポート)

「日本のメディアでは、
トランプは高圧的でワガママ」だと報道されていますが、
世界のメディアを見てみると、全く違うトーンで書かれています。

実際、現代の世界は「自由とか民主、法の下の平等、
そして人権という価値基準を持っているアメリカのような自由主義な国家と、
中国共産党といった共産党や独裁政権、どっちを選ぶんだ」
という選択に迫られているのです。

中国語のメディアの『人民日報』は、
中国政府の意向に沿った内容となっていますが、
逆に中国国内ではそれとは真逆の反共産党のメディアも存在しています。

そのような中国語のメディアや英語のメディアを見比べると、
日本では報道されていない真実が浮かび上がってくるのです

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ