書評 しょひょう : 渡邊惣樹『真珠湾と原爆 日米戦争を望んだのは誰か』(ワック)

☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

  何故リンドバーグは「悲劇の英雄」になったのか
    FDRはリンドバーグが代表した「不介入主義者」を敵視した

   ♪
渡邊惣樹『真珠湾と原爆 日米戦争を望んだのは誰か』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 まもなく75回目の終戦記念日。靖国神社。そして戦争史の書籍が書店に並ぶ。
 

本書のひとつの箴言は95ページにある。
 

「米国は戦争をはじめる場合、国内世論をまとめるため、必ずと言っていいほど米軍が先制攻撃を受ける事件がおきる」。

 大統領選挙前、南シナ海がきな臭くなってきた。何かをやらかす気配が漂う。

 真実を75年の間、ひたすら隠し続けてきたアメリカ。ばれると何がまずいのか。

 日米開戦はアメリカのFDR政権がひたすら望み、仕掛けた世紀の陰謀といって良いだろう。

アメリカ人の歴史学者と話をすると、机を叩いて「修正主義野郎」ということになるが、一番触れて欲しくないポイントだからだ。

 日本の真珠湾攻撃を震えながら待ったのはFDRだった。

このような真実は、近年になって、さすがのアメリカでも語られ始め、出版されるようになったが、いまだに「修正主義」のレッテルを貼られている。

 本書で渡邊氏は、従来あまり語られなかった、当時の「アメリカ第一主義委員会」の活動にスポットを当てた。

不干渉主義、対独戦争にも参加を拒む世論を背景に、この組織はたいへんな影響力があり、英雄リンドバークは全米と世界を講演して歩き、どこでも熱狂的歓迎を受けた。

リンドバークは日本にもやってきた。

 FDRが、この組織を敵視し、活動を露骨に妨害するのである。

米開戦を前に不介入主義が蔓延することは不都合だったからだ。

PR作戦ではリンドバークがドイツとべったりという印象操作を行った。

「リンドバーグ=ヒトラー」という諷刺漫画を狡猾にばらまいて不介入主義者の影響力を削いだ。

 この印象操作のやりかた、いまも有効である。

トランプ=人種差別主義=ナチ。

「チャイナ」と「ナチ」を引っかけた「チャイナチ」は香港の若者たちがポスターにした。

 日米戦争は主にFDRが基本を描いた。

その周りを囲んだハルとスチムソンに、本書は的を絞り込んだ。

約もハルノートも、はては原爆を開発したことも知らされずに政権を引き継ぎ、原爆投下を決断したハリー・トルーマンは道化師であり、リンドバークは悲劇の英雄として扱われた。

原爆投下の後押しをしたのはチャーチルだった。

これも渡邊氏の新しい視点であり、ポツダム会談で、新型爆弾の開発を知らされてもスターリンは「あ、そう」と軽く受け流すポーズをしめした。

本当はホワイトハウスに張り巡らした共産主義者のスパイ網を通じて、すべてを知っていたのだ。

 スチムソンは狂信的な日本嫌いだった。

 この国務長官から陸軍長官へ二代の政権に使えたスチムソンについては評者(宮崎)と渡邊氏との対談第一弾(『激動の日本近現代史 1852-1941』、ビジネス社)でも触れているが、日本のアメリカ学者さえ軽視している。

 スチムソンは長老会に属する熱烈なプロテスタントで、勧善懲悪の二元論という視野狭窄の思考から日本悪漢論が導かれた。

しかし土壇場で原爆投下の第一候補地だった京都を外した。

スチムソンこそは「非情なる軍国主義者」だった。

 つまり「正統派と呼ばれている歴史書の近現代史解釈は歪んでいる」のであって、世間にどっさりと溢れる「リベラル的倫理観がちりばめられた歴史署」は眉唾であり、

これらを批判的に読めば「善悪の倫理観からなされる判断がいかに歴史を歪めたか」を了解できるだろう。

 戦後75年、日本人は歴史解釈の罠に陥没してきた。

だが、いまこそ真実を知るときである。

(余記)なお渡邊惣樹氏の大作『チャーチル』がいよいよ単行本として近く上梓され、これに合わせて前掲の渡邊vs宮崎共著がソフトカバー版で再登場します(いずれもビジネス社)。

ご期待下さい。
         □△◇○□△◇○□△◇○

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ