書評 しょひょう : 桶谷秀明『昭和精神史』(扶桑社)

☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 夏の汗、昭和は遠くなりにけり
  昭和をかたちづくった日本人の精神はいま何処(いずこ)

   ♪
桶谷秀明『昭和精神史』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@

 桶谷秀明氏は昭和七年生まれだから石原慎太郎、五木寛之氏らと同世代になる。

敗戦時は、物心ついて、激しく変貌した現実と精神との葛藤があった世代であり、戦後生まれの評者(宮崎)の時代感覚、時代の感性とはやや懸隔がある。

 この世代の感受性、時代認識、歴史の見方は、まさに昭和の精神が移ろっていた同時代の感覚によって研がれた。

 本書は名著復刻であり、このところ同様な試みが出版界でなされているのは一種の復古ブームが背景にあるのかも知れない。

ちなみに評者が解説した林房雄の『神武天皇実在論』もよく売れたようだが、懐古趣味の読者が読んでいるわけではない。

名著はかならず古典として読まれるのだ。

 本書は平成四年に初版がでた。

すぐに買って読んだ記憶だけあるが、四半世紀以上前の読書の感想は歳月の流れによって稀釈されている。

 十年前、憂国忌の四十年忌には評者が司会してのシンポジウムがあって、

西尾幹二、井尻千男、遠藤浩一氏らとともに桶谷氏にも登壇いただいた。

九段会館が満員となった、その席で、氏は三島よりも保田輿重郎を主に語った。
http://mishima.xii.jp/kaiso/yukokuki/22/

 評者にとっては桶谷氏の『草花の匂う国家』が一番好きな作品で、拙著『西郷隆盛 日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社)を書いた折、参考にさせていただいた。

 さて本書が扱うのは昭和改元から敗戦まで。

続編は『戦後編』として別途上梓された。

 以下、浩瀚な本書を少しづつ、一週間かけて読み直してメモを取った。

そのほんの一部を書評替わりに掲げる。

 桶谷氏が親友の村上一郎氏と一緒に橘考三郎に会いに行く場面がある。

これは意外感があった。

橘の『神武天皇論』も最近、篠原裕氏の編集で展転社から復刊された。

 「橘孝三郎がここに口ごもりつつ、もどかしげに語る口調にこそ、彼の痛い夢と現実認識の葛藤がこめられている。

『国民社会そのもの』をその基礎に支えるのが『家族的独立小農』である」

 橘の思想遍歴が若き日のプロレタリア独裁から、その対極の思想にうつっていくのは当然だった。

 昭和初期、若者らは、マルクス主義の台頭があり、インテリゲンチャは無批判に飛びついた。

一方で国体論が世を風靡し、二・二六事件がおこり、日支事変から日米開戦へといたる時代背景を眺める。

すでに「歴史」となった出来事を、客観的に、状況的に解きほぐしていく。

その時代背景を克明に描写しながら、おりおりの日本人の精神を語るのである。

 桶谷氏は、伊藤整、武田泰淳、島崎藤村らを論じつつ、自然と重きをおくのは永井荷風であり、小林秀雄と保田輿重郎となると力点が違う。

小林秀雄の捉え方も随所にでてくるが、この時代を生きた文芸評論家のひとりが保田輿重郎だった。

 彼の浪漫主義にはマルクス主義とドイツ浪漫派と国学という三つの要素があった。

 「早くから保田輿重郎の教養となっていたのは国学で、畝傍中学時代、万葉」を熟読していた。

そして柿本人麿を取り上げずに保田は山上憶良を論じたと桶谷氏は、その独自性をつく。 

 保田は満州蒙古から北支を旅して、南京陥落後のシナ人の生態を観察した。

満州の地にあって、保田はこう書いた。

 「樹木をきりはらって大造宮をつくりあげた漢人と、自然の緑を尊んで細心の人工に自然を生かそうとした我らの父祖の間には異なるものがあまりに大きい。

近々百年にして漢人はこの沿線より原住民を追放したのである。

それは一切の崇高な事業によってではない。

我々はいま理念をもってこれと対抗している。

理念は強く美しく、それゆえにいたはらねばならぬ傷み易さをもっている」(『蒙彊』) 
 保田はまた竹内好の案内で北京を見て歩くのだが、「一般に私は北京で、文化の絶望を味はねばならなかった」と実直にシナ文化の乾燥を綴るのである。

 また保田はアララギの万葉解釈を手厳しく批判した。

 「それは人麿の古代を現代によみがへらせようとする意図を抱きながら、態度においてまちがっている。

アララギの思想は皮相な明治文明開化にたいする一種の自覚を根底としているが、つまるところ文明開化の論理による古代解釈である(中略)。

その背後にある精神史を生きようとしない。

アララギには歴史の精神が欠落している。」(『萬葉集の精神』)

 保田論だけで紙幅がつきた。

桶谷氏は二二六事件では、北一輝にことのほか、優しい目を向けている。

 北一輝は蹶起した将校たちとは一線を隔し、軍事行動をしそうしたこともないが、思想的影響を与えたという取り調べに弁明もせず、北一輝は慫慂として刑場に消えた。

三島由紀夫、村上一郎をつなぐ北一輝は、きっと桶谷氏にとって深い思想的分析を必要としたのだろう。

 この復刊版の解説は長谷川三千子氏が丁寧に書いている。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ