日米安保条約と構造改革路線の知られざる関​係 : リアルインサイト

日米安保条約と構造改革路線の知られざる関​係 : リアルインサイト

 

こんにちは。リアルインサイトの今堀です。

【佐藤健志先生の特別講座
 「<日本復活の神話>をつくれ」】の
 ご案内は、もうご覧いただけましたか?
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M23253&c=12606&d=83c5

昨日、現在の日本を呪縛する財政均衡主義と

「平和主義」の関係についてお伝えしました。

本日は、平成を「まるごと失われた」時代に
変え、現在もとどまることを知らない

「構造改革路線」

の根源が

「日米安保条約」

に埋め込まれていた事実について、
お知らせします。

日米安保条約は、皆様もご存じの通り、
日本が敗戦後に独立を回復した

昭和27年(1952年)4月28日

に発効した日米の二国間条約で、米軍を
日本国内に駐留させることなどを
定めています。

正式名称は

「日本国とアメリカ合衆国との間の
安全保障条約」

というもので、昭和35年(1960年)の
安保改定で

「日本国とアメリカ合衆国との間の
相互協力及び安全保障条約」
(新日米安保条約)

になりました。

この第二条になんと書いてあるか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二条

 締約国は、その自由な諸制度を強化する
ことにより、これらの制度の基礎をなす
原則の理解を促進することにより、

 並びに安定及び福祉の条件を助長する
ことによつて、平和的かつ友好的な
国際関係の一層の発展に貢献する。

 締約国は、その国際経済政策における
くい違いを除くことに努め、また、
両国の間の経済的協力を促進する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

重要なのは、
「締約国は、その国債経済政策における
 くい違いを除くことに努め」

という部分です。

「くい違いを除く」と訳されている
部分の元の英文は

「Eliminate Conflict」

です。

その意味は

「対立を根絶する」

です。

つまり、

「日米の間の経済政策や貿易政策の間に
摩擦や対立が起きないようにして、両国の
経済関係が密接の度合いを深める」

ことを目的としたものですが、その実態は、
自由主義陣営のリーダーであるアメリカに
日本が合わせ、

「アメリカ化」

していくべく務めることを約束させられて
いると見るべきものです。

そして、冷戦末期の1980年代末頃から、
アメリカはいよいよ日本に対し、構造改革
要求を強めてくることになります。

冷戦期に「防共の砦」としてアメリカに
庇護されていた日本は、その恩恵の元で

「高度経済成長」

を実現しました。

しかし、

冷戦終結に伴い、アメリカの方針は
大きく変化し、日本は徐々に

「収奪の対象」

とされてきたわけです。

そして、

その根源は安保条約に埋め込まれて
いたことになります。

日本の防衛に関する規定を定めた条項
(第三条~第六条)よりも前に、この内容が
定められていることの意味は重大です。

しかし、お伝えしたいのは

「日本の衰退は運命づけられていたの
だから不可避である」

ということではありません。
歴史的経緯と経路の存在を正しく
見極め、

時とともに強化されてきた

「誤った思想」

の正体をつかんで初めて、そこからの
脱却を図ることができるはずです。

あらゆる問題にはそこに至る
「経路」が存在しているだけでなく、

一度出来上がってしまった経路は
次第に強固なものとなっていきます。

現在の閉塞感を打ち破り、

「日本再興」

を実現するためには、一人でも多くの国民が
「真実」を共有しなければなりません。

その洞察を得るための具体的な方法が
ここにあります。

鬼才・佐藤健志氏が、
本気で未来を憂うあなたに託す
「日本再興プラン」。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M23254&c=12606&d=83c5

期間限定ですので、ぜひ一度は
お目通し下さい。

それでは、また。

日本のよりよい未来のために。

私達の生活、子ども達の命を守るために、
ともに歩んでいけることを切に願っています。

リアルインサイト 今堀健司

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ