書評 しょひょう :馬渕睦夫『コロナ危機後の未来がわかる 国際ニュースの読み方』(マガジンハウス) 

☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 トランプは世界を裏から支配するディープステーツに戦いを挑んでいるのだ
  トランプ落選を画策する「グローバリスト=民主主義の敵」の正体

      ♪
馬渕睦夫『コロナ危機後の未来がわかる 国際ニュースの読み方』(マガジンハウス)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 とかくユダヤの陰謀論と同一視されがちだったのが「ディープステーツ」である。

 アメリカを陰で動かし、グローバル化を目ざす『陰の政府』のことであり、アメリカファーストのトランプ大統領とは、敵対関係になる。

 最近、日本の論壇でも「ディープステーツ」議論が喧しくなったが馬渕氏が先鞭をつけた。

藤井厳喜氏、渡邊惣樹氏らの力強い合唱がなされる。

 このアメーバのような組織は左翼、マルクス主義者にネオコンが加わり、これらは嘗ての共産主義インターのように、団結し、超党派で動く。

具体的にはアメリカの民主党、共和党に跨るのである。

 なぜパウエル、ロムニー、ブッシュといった共和党エスタブリッシュメントが、前回は『ヒラリーに投票しよう』と呼びかけ、今回は『バイデンに投票しよう』と言っているのか?

党利党略から言えば、敵対する民主党を応援する利敵行為だが、基底のグローバリズムが地下で深く繋がっているため、政党間の軋轢なんぞは簡単にこえるのである。

 馬渕大使は、グローバリズムを定義して「共産主義ならびに社会主義、そしてグローバル市場主義に通底するのは、国境を廃止して世界をひとつにしようというイデオロギー」とし、

その代表的な論客ジャック・アタリ、ズビグニュー・ブレジンシキーなどの名前を挙げる。
反対のナショナルな論客の代表格はパット・ブキャナンである。

 米国のリベラルなメディアはトランプ陣営の主張を取り上げることはない。

この左翼メディアを翻訳しているだけの日本の左翼新聞が、したがってトランプを批判するのも、当然だろうし、それにしても自ら考える力さえない、日本人ジャーナリストらの主体性の無さは呆れるばかりだ。

 トランプの登場で流れが変わった。

 国際秩序はコロナ以後、ナショナリズムに向かい始めた。

新しい世界秩序とは「国家社会の基本単位である主権国家各国がそれぞれの文化を大切にして国民の利益を尊重するという当たり前の考え方」に復帰しようとする。

その象徴が「アメリカファースト」を掲げるトランプ大統領である。

 トランプは世界を裏から支配するディープステーツに戦いを挑んだのであり、ならば、 トランプ落選を画策するのが「グローバリスト」は「民主主義の敵」ということになる。

 ここで次のシナリオを馬渕大使は描く。

 第一は中国の世界覇権を目ざす闘い。

第二はディープステーツが「グローバル市場化」を狙い続ける

「ディープステーツの中核である國際金融資本家」たちがコロナ災禍で低迷する企業を買いたたき焼け太りするだろう。

その障害となるトランプの再選阻止に動く。

 ところが、第三にトランプ率いる自由陣営の戦いでの主敵を中国としていることと、グローバリストらも中国を敵視しており、「三つ巴」の錯綜状況が生まれることになる。

 なぜなら自国優先利己主義の固まりである中国の市場をこじ開けようとするディープステーツにとって、中国は打倒すべき敵であるものの、トランプ再選阻止ではディープステーツと中国の利益が通底している。

 ならば日本はどうするのか。

八紘一宇の精神とは自国第一主義の下で共存するという世界秩序であり、トランプの方向性に合致するという。

 いささか構造の図式化に短絡的な特徴があるが、この本は、池上彰のようなグローバリストの説く間違った国際政治解釈より、その裏に蠢く実態の基本が会得できるので、国際情勢の把握には格好の入門書となっている。
          ○○○○○

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ