米大統領選:結局どっちが日本の得? 北野幸伯

米大統領選:結局どっちが日本の得? 北野幸伯

★中国がアメリカを所有する(トランプ談)

ダイレクト出版・パワーゲームメルマガ読者の皆さま
こんにちは!

北野幸伯です。

このメルマガを読んでおられる皆さんは、
「反日統一共同戦線」のことをご存知でしょう?

2012年11月、中国が、ロシアと韓国に、
「反日統一共同戦線を構築しよう」と提案した。
目的は、「日本の領土要求を断念させること」。

断念させるべき領土とは、
「北方4島」「竹島」「尖閣」。
いえ、尖閣だけでなく、【 沖縄全部 】。

なぜ、中国は、
日本に沖縄を放棄させたいのでしょうか?

なんと、「日本に沖縄の領有権はないから」
だそうです。

この話、今まで聞いたことがなく、
「トンデモ陰謀論だ!」と思った方。
いますぐこちらの証拠をご一読ください。

https://rpejournal.com/rosianokoe.pdf

日本には、さまざまな問題があります。
領土問題は、三つある。

しかし、北方領土を実効支配しているロシア、
竹島を実効支配する韓国は、現状に満足しています。

唯一中国だけは、
領有権を主張する尖閣を実効支配していない。

だから不満で、現状を変えるアクションを
起こす可能性がある。

(というか、領海侵犯を繰り返し、
すでにアクションを起こしています。)

そう、日本にとって、最大の問題は、中国なのです。

▼トランプの功績

トランプは、とても問題の多い大統領です。
パリ協定離脱、イラン核合意離脱、WHO離脱
などで、国際的に孤立している。

そして、お世辞にも
「戦略的な大統領」とはいえません。

中国と覇権戦争を開始しながら、同時に、
日本、欧州との関係を悪化させている。

戦略的な大統領なら、中国との戦いに集中し、
日欧との関係を良好にするよう努めるでしょう。

ところがトランプさんは、日本でも欧州でも、
「もっと金を出せ!」と要求し、嫌われています。

では、トランプさんに功績はないのでしょうか?

あります。

それは、「米中覇権戦争をはじめたこと」です。

中国は、「反日統一共同戦線戦略」で
日本を破滅させようとしている。

アメリカが、そういう国と
「覇権戦争をはじめたこと」は、
まさに「日本の国益」です。

▼バイデン・クーデターは起こるか?

この一点で、私はトランプさんの再選を支持します。
では、バイデンさんが勝ったら
どうなるのでしょうか?

これは、なかなか予測が難しいです。

大きく二つの意見があります。
一つは、「米中覇権戦争はつづいていく」
という意見。

なぜか?

共和党も民主党も、
「反中では一体化している」から。

実際、香港、台湾、ウイグルなどに関する
反中法案は、両党支持で通過しています。

要するに、「議会が反中だから、
バイデンが親中でも変わらない」と。

この話、説得力があります。

たとえば、トランプは、前回の選挙戦中から、
「親プーチン」「親ロシア」を公言していました。

しかし、米ロ関係は、一向に改善されません。
理由は、議会が反ロシアだからです。

だから、バイデンが親中でも、
「議会が反中だから変わらない」という話には
説得力があります。

もう一つは、「バイデンが大統領になれば、
米中覇権戦争は終わる」という意見。
こちらも、一定の説得力があります。

1989年、天安門事件が起こり、
米中関係がひどく悪化しました。

しかし、中国は、いわゆる
「クリントン・クーデター」を起こし、
反中だったアメリカの国論を、
再び親中にすることに成功しました。

米中関係はそれまで、「反ソ連同盟」だった。
1991年12月にソ連が崩壊し、(事実上の)
「米中同盟」の意義が問われることになった。

クリントン・クーデター後の1993年から、
米中関係は、「金儲け同盟」に転化し、
その後2015年までつづくことになった。

こういう前例があるので、
「バイデンが大統領になれば、
米中覇権戦争は終わる」という人がいる。

「バイデン・クーデターが起こる」と。
こちらも、一定の説得力があります。

私自身は、「バイデンが大統領になっても、
米中覇権戦争はつづいていく」と思います。

しかし、100%の確信はないので、
トランプさんを支持しています。

トランプ自身は、この件について、
何を語っているのでしょうか?

<トランプ「バイデンが当選すれば、
中国が米国をのみ込む」=米共和党全党大会
Wow! Korea 8/25(火) 12:01配信

ドナルド・トランプ米国大統領は24日(現地時間)、
ジョー・バイデン民主党大統領選候補が
今年11月の大統領選で当選すれば

「中国がわが国を所有することになるだろう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と繰り返しバイデン候補を攻撃した。>

既述のようにバイデンが勝ったら
必ずそうなるという話ではありません。

しかし、4年間でトランプは、(尖閣、沖縄を狙う)
中共を打倒する意志があることを示しました。

現状わけがわからない親中バイデンより、
ずいぶんマシでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このメルマガ の著者:
国際関係アナリスト
北野 幸伯

///メルマガ事務局からのお知らせ///

今年で終戦から75年。

中国共産党が隠し続けた、
日中戦争についての不都合な真実…

それは、初代トップの毛沢東が
「日本軍の侵略に感謝していた」
ということだった、、

詳しくはこちら

(*視聴期限は明日:8/29まで)

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ