安倍総理、辞意表明 : From 三橋貴明

安倍総理、辞意表明 :   From 三橋貴明

お待たせしました!

8/31(月)までの限定で、中村 粲の
「日中関係史で読み解く大東亜戦争への道
~それでも日本人が戦争を選んだワケ」
シリーズの最新作を募集開始します!

最新作のテーマは、、

「日露戦争と乃木軍司令官」
〜坂の上の雲ではわからない日本の逆転戦略

となっております。

そして、
今回、公開記念販売ならではの特別価格と
このキャンペーンでの
申込者全員が無料でもらえる
プレゼントをご用意しております!

公開は8月31日(月)までです。
消えてしまう前に
詳細だけでもご覧ください!
きっと後悔はしないはずです^^

>今すぐ詳細を確認する

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2020年8月30日

 安倍総理、辞意表明

 From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 

【近況】

8月28日に「月刊三橋」の
収録があったのですが、まさに収録中に

「安倍総理、辞意表明」

の第一報が舞い込んで参りました。

2012年、安倍総裁(当時)や
麻生元総理(同)など、

「野党自民党」の方々に、
経済、財政、デフレーションなどについて
インプットを続け、総選挙で自民党が勝利。

当初、安倍総理は「三本の矢」について、

「金融緩和、財政拡大、
 投資などのイノベーション」

と、説明していたのですが、いつの間にか、
「金融緩和、緊縮財政、
 成長戦略(という名の構造改革)」
に修正され、2013年6月には
骨太の方針において
プライマリーバランス黒字化目標を明記。

その後、六年間も続く緊縮の時代が始まりました。

そもそも、「デフレ脱却」を
訴えた政権を採った自民党内閣が、

緊縮財政や構造改革といって
「デフレ化政策」を採っている時点で、
異様極まりない。

さらに、「デフレ脱却を叫びつつ、
デフレ化政策を採っている」という事実を
指摘したのは、ほとんど我々だけでした。

政権がデフレ化政策を採った以上、
当たり前ですが日本のデフレ脱却は
果たせませんでした。

辞意表明の記者会見で、
安倍総理はデフレについて、

「30年続いたデフレに3本の矢で挑み、
 400万人を超える雇用を
 つくり出すことができました。

 成長の果実をいかしまして、
 保育の拡充、また、幼児教育、
 保育の無償化等を行いました。

 高等教育の無償化も含めてですね。

 そして、働き方改革や一億総活躍社会に
 向けて大きく一歩を
 踏み出すことができたと思っています。」

とだけ語っています。
さすがに、「デフレ脱却を果しました」
という嘘を口にすることは
できなかったのでしょう。

我々は、安倍内閣が「デフレ脱却」のために
努力することを信じ、支持した。

とはいえ、結果から見ると、
安倍総理の「目的」は、単なる長期政権だった。

そして、現在の日本において、
政権を長期化させるには、
緊縮財政や構造改革を推進すればいい
(財務省やグローバリストの支援を
 受けることができるため)。

このどうしようもなく情けなく、
覆せない「過去」を踏まえ、
前に進む必要があります。
諦めない限り、戦いは続くのです。

◆令和2年9月19日(土) 
 三橋経済塾第九期 第九回講義(一般参加可能です)
 
 会場:名古屋 
 ゲスト講師:ノンフィクション作家 河添恵子先生
 https://ws.formzu.net/fgen/S78662785/

◆「日本をダメにした財務省と
経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ