[実話] インドを救った日本人スパイ: 丸谷元人

[実話] インドを救った日本人スパイ: 丸谷元人
「日本人はあまりにも能力が優れている 。
だから”徹底的に弱体化”させてやる!」
かつての日本は、西欧諸国が最も恐れる
底知れない強さを持った国だった…
しかし戦後、あまりの日本の強さを恐れた
アメリカやソ連などの大国が、
“ある政策”によって、
徹底的に日本を骨抜きにしていったと
世界中の危険地帯を渡り歩いてきた
国際情勢の専門家である丸谷元人氏は言う…
日本が骨抜きにされた”連合軍の○○政策”
====
1941年12月8日
日本軍がアメリカの真珠湾を攻撃し、
大東亜戦争の火蓋が切られた。
当時、日本はイギリス、
アメリカ、オランダといった
欧米列強と敵対しており、
すでに日本は滅亡の危機にあった…
こ の圧倒的に不利な戦況をひっくり返すため、
日本軍大本営は1人の男に日本の命運を託した…
教科書にすら載っておらず、
日本ではほとんど知られていない、
この男の名前は、、
アジアでの「親日工作」に徹した
帝国陸軍のスパイ・藤原岩市。

  

大東亜戦争では、日本軍の「負」の部分ばかりが
クローズアップされることが多いが、
実はその裏側では、
たった1人の日本人スパイが
世界の歴史を塗り替えるほどの
大偉業を成し遂げていた…
日本人スパイが起こした”インドの奇跡”
p.s.
中東やアフリカなど主に治安の悪い地域で
スパイやテロリストからの
危機管理を請け負ってきた丸谷元人氏は言う。
「今、アメリカやイスラエルが行なっている
スパイ活動は小手先でしかない。
相手を騙したり、殺しているだけなので、
世界中に恨みを買っているだけ。
かえって、自国を危険に陥れている
ことに気づいていない…」
そして、かつての日本スパイが
持っていた”ある考え方”にこそ、
今の日本が最も学ぶべき、
“日本を強くするための解決策”が
詰まっていると言います…
日本を世界最強の”スパイ国家”にする方法
 
 
 
ダイレクト出版:丸谷事業部 酒井佑樹

 

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ