『右の売国、左の亡国 2020sファイナルカット』:月間三橋事務局

『右の売国、左の亡国 2020sファイナルカット』:月間三橋事務局

堂々復刊!
日本消滅を予言した禁断の書

『右の売国、左の亡国
2020sファイナルカット』

画像

菅総理誕生で日本はどうなる?
加速する日本消滅のカウントダウン…

2,000円(税抜)のところ、、
送料のみでどうぞ!!

詳しくはコチラ…

※送料のみで手に入れられるのは、
明日10/3(土)までです!

※昨日案内を流したところ、
なんと1日で2,903名もの方に
ご購入いただきました!
あなたも本書籍を送料のみで
手に入れませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今から3年前の2017年。

とある1冊の書籍が
世に出されました。

その本とは、
『右の売国、左の亡国』。

サブタイトルは、
「2020年、日本は世界の中心で消滅する」

少々過激なキャッチコピーが
つけられていました。

当時、大半の人が
「日本が消滅する?まさか!」
と思っていたことでしょう。

しかし、2020年となった今、
現実はどうなっているでしょうか?

消費税は10%に引き上げられ、
緊縮財政によって国家はボロボロに。

そのうえ新型コロナウイルスが直撃、
収束のメドはなかなか立ちません。

まさに総崩れ、
泣きっ面に蜂の状態ですが、
政府は財政出動よりも、

さらなる構造改革の推進や、
オリンピックの開催にこだわっています。

「日本消滅」の予言は、
ズバリ的中したと言っても
過言ではないと思いませんか?

しかし、なぜ3年前にもかかわらず、
佐藤氏は正確に未来を見通すことが
できたのでしょうか?

・10%の消費増税を予見していたからではありません

・国の具体的な悪政を予見していたからでもありません

・ましてや、コロナショックを予見していたからでもありません

もっと根底にある
日本消滅のカラクリを
暴いていたからなのです。

個々の現象は、偶然によって
左右される要素が多分にあるため、
完全に予測することはできません。

(コロナウイルスの世界的流行は、
 その良い例でしょう)

しかし、その無数にある現象の根底には、
流れに一定の方向性を与えるカラクリ、
ないしメカニズムが潜んでいます。

佐藤健志は、それをあぶり出したのです。

しかし、氏は
「3年前の予測でも、まだ甘かった」
と言います。

そこで今回、、、

* * * * *

日本が消滅の正念場を迎えるであろう
2020年代の現実に真っ向から対峙すべく、
内容を全面的にバージョンアップしました。

* * * * *

2017年版との違いは、以下の通りです。

* * * * *

・272ページから360ページ超へ、90ページものボリュームアップ

・新たな序文「2020年、日本はコロナで正念場を迎えた」を収録

・すべての内容を完全にアップデート

・単行本未収録だった論考「宇宙戦艦ヤマトの昭和史」を追加収録

・巻末付録「政治経済用語辞典」を2倍近い分量にスケールアップ

* * * * *

2017年度版の本書籍は、
諸般の事情により、
絶版となっていました。

しかし、その内容が、
まさに2020年に至る日本の没落のカラクリ
の本質をえぐり出しているために、

一部の読者から根強い支持を受け、
「プレミア価格」がついており…

Amazonなどでは定価を上回る価格、
(昨日確認したところ3,200円)
で取引がされている状況でした。

しかし、その内容をかんがみるに、
もっと気軽に1人でも多くの方に
読んでいただきたい…

そして、
平成から令和にかけて
この国を蝕んできた
【売国・亡国のカラクリ】を
根本から理解していただきたい…

そうした思いもあって、
私たち経営科学出版から佐藤先生へ
「ぜひウチで復刊しませんか?」
とご提案したところ…

「ぜひ。良いですよ」
とご快諾いただけたために、
今回の復刊が実現しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ