Eyes On Meと大阪市を廃止する住民投票 :  From 三橋貴明 @ブログ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2020年10月22日

 Eyes On Meと大阪市を廃止する住民投票

 From 三橋貴明 @ブログ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■

戦争は「経済」 林千勝先生に
「秋丸機関」について教わったよ
[三橋TV304回]

https://youtu.be/ORdXNoDfg4Q

【都構想緊急対談Part1】

二重行政撤廃で財源は浮かない!
誰も得をしない都構想の真実が
市民に伝わらないワケ

三橋貴明 × 柳本あきら(前大阪市会議員)
https://youtu.be/ImLsrVww1_E

「大阪都構想」賛成の方にこそ
知ってほしい「二重行政の真実」

 ◆大阪市民は「最低限の事実」も知らない
 

    11月1日に大阪市で、重大な住民投票が
 行われます。

     マスメディアでは
 「大阪都構想」と呼ばれていますが、
 これは正式名称ではありません。
 

    ではその正式名称が何かと言えば、
 こちらの選挙管理委員会の
 正式ホームページをご覧ください。
 

     この公式HPに強調されているように、
 それは正式には「大阪市廃止・特別区設置」
 住民投票です。

      つまりこの選挙は、
 「大阪市を潰して、その代わり特別区を
 設置しますけどいいですか?」ということを
 大阪市民に問う選挙なのです。
 

    ところが、「大阪都構想で大阪市が廃止
 される」ということを知っているか否かを
 大阪の方対象にアンケートを行ったところ、
 

     的確にその事実を知っている人は全体の
 8.7%しかいないことが明らかになりました。
 

      このままでは、大阪市民は、
 「都構想についての最低限の事実」も
 知らないままに単なるイメージで判断し、

 「間違った選択」をしてしまう危険性が
 高いと言わざるを得ません。(後略)』

昨日から、「大阪市廃止構想」(いわゆる
「大阪都構想」)関連の動画が三橋TVに
上がり始めていますが、実際に大阪で

インタビューをして、実は最も衝撃を
受けたのは、明日、配信分。

冨田宏治先生(関西学院大学教授)に、
「誰が維新や大阪都構想

 (と称する大阪市廃止構想)を
 支持しているのか?」

について、教えて頂いたことです。 

すなわち、乱立するタワーマンションで暮らし、
会社の都合などで、大阪に住んでいる、

どちらかといえば所得が高い層が圧倒的に
維新や都構想を支持している。

逆に、元々、大阪に住んでおり、
地域の共同体に属している住民が
反対している。

実は、11月1日に大阪で行われる
住民投票は、
「サムウェア族 対 エニウェア族」
の戦いなのです。

つまりは、ブレグジットの国民投票と

全く同じ構図です。

同時に、大枠では
「ナショナリズム 対 グローバリズム」の
戦いでもあります。

【ナショナリズム 対 グローバリズム】

http://mtdata.jp/data_72.html#NvsG

130年の伝統を持つ政令指定都市
「大阪市」の廃止に反対しているのは、
上図の左側の「考え方」を持つ人々です。

ナショナリズムではなく林先生式に
「共同体主義」でも構いませんが、
人間は一人では生存できない。

自分たちが所属する共同体がなければ、
権利を認めてもらえず、

生産性高い経済を実現できず、
安全保障も確立できないという
「現実」を知っている人々。

でも、共同体って、何?と、
思われた方が少なくないでしょうが、

共同体という言葉が難しければ、
仲間意識です。

そして、共同体に属する人々の仲間意識を
醸成する一つのツールが「文化」なのです。

saya 【特別ライブ】Eyes on Me / FF8 ED

https://youtu.be/5f_jvWaqUI0

特別出演・歌詞翻訳「三橋貴明」で
ございますが、なぜ翻訳までしたのかといえば、
Eyes on Meは、FF8をやり込み、

ラグナとジュリアの物語に涙した者で
なければ正しく訳せないと思ったためです

(実際、Youtubeとかに直訳としか思えない
訳があって嫌だった)

小さなバーの片隅で、ステージで一人、
Eyes on Me を歌う美人シンガーさんに
視線を送る、一人の男。

この映像の真意、すなわち「文化」を
わたくしと共有して下さる方は、
相当に存在するはずです。

そして、文化を共有すれば、仲間意識が
芽生え、共同体意識の醸成へとつながる。

地域共同体が「祭り」に代表される文化を
大切に守っていかなければならないのも、
同じ目的だと思うのです。

もちろん、ナチスではあるまいし、
「国民は一つの文化を共有するべき」
と言いたいわけではありません。

AさんとBさんが、ある文化で繋がり、
BさんとCさんが、別の文化でつながる。
文化により、仲間意識を醸成され、

それが共同体、さらには
「国民意識」へとつながる。

だからこそ、ナショナリズムは文化的です。

同時に、文化を「カネ」で換算しようとする
グローバリズムは、野蛮的なのです。

「文楽? 儲からんだろ!」
といった理由で、補助金をカットした「野蛮」な

元・大阪市長が始めた大阪市廃止構想の住民投票が
間もなく再び行われようとしています。

大阪市民だけの問題ではありません。

わたくしたちは今、「文化的」「共同体的」な
社会を「野蛮的」「個人的」なものに、
本当に造り変えて良いのか。

それを、世界最古の国家である「日本国」の
国民として問われているのですよ。

「文化的な共同体を守ろう!」
に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!
画像

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ