本当に「国民皆保険制度は維持不可能」なのか? :リアルインサイト

こんばんは。
リアルインサイトの今堀です。

前回もお伝えした通り、日本が世界に
誇るべき「国民皆保険」は現在、
危機的状況にあるとされています。

私たちが普段なにげなく利用している
この制度のありがたみを改めて知るには、
同様の制度がない先進国の事例が
参考になるかもしれません。

アメリカは、ユニバーサル・ヘルスケア
(国民皆保険)の整備を公約に掲げて
勝利したオバマ前大統領が主導して
導入された

「オバマケア」

の下でも、

“ 二〇一七年に掛け金が最も安いブロンズ
  プランに加入した場合、個人保険の平均
  免責金額は六〇〇〇ドル、家族保険の
  平均免責金額は約一万二四〇〇ドル
  だった。

つまり思いがけず医療が必要と
  なったとき、個人保険なら六〇〇〇ドル、
  家族保険では一万二四〇〇ドルを
  自己負担しなければならない” *

という驚くべき状況にあり、さらに、

“ 緊急時に四〇〇ドルを用立てることが
 できないという人が、国民の四〇%に
 達する” *2

ということです。

つまり、保険に入っていたとしても、
病気や怪我で医療を受ける必要が生じた
際に60万円以上を自分で負担しなければ
ならないのに、

急遽の出費として4万円強すら準備
できないという人が、4割も存在して
いることになります。

その上、

現在も医療保険に加入していない人が
約2850万人に達しているだけでなく、

共和党がオバマケアを骨抜きにしよう
としてきたために、医療保険の加入者
数は減少傾向にあり、

加入している人でも保険の適用範囲が
限られるために、必要な治療の費用を
払うのが難しいことも多いという

「一部保険の問題」

というものも存在しています。

無保険の人と一部保険の人を合わせ、
必要な保険に入れていない人は、
2019年時点で8700万人に達している
そうです。 *3

このような過酷な医療保険の現状だけが
原因ではないでしょうが、アメリカの

CDC(疾病管理予防センター)は
2018年の報告書で、

アメリカの平均寿命が

「3年連続で低下」

したことを明らかにしています。その
大きな原因は、ドラッグ、アルコール、
そして自殺とされており、 *4

これらの死は

「絶望死(Deaths of Despair )」
*5

と呼ばれています。

それだけでなく、富裕層と貧困層の間で
平均余命の差が大きく、

「年々その差が拡大している」*6

という指摘もあります。

これが、世界最大のGDPを誇るだけで
なく、GDPあたりの医療費も世界最高
*7

という「超大国」の現実です。

比較してみれば、日本の状況がいかに
恵まれたものであるかを再認識
いただけるのではないでしょうか?

しかし、その状況も決して楽観視
できるものではありません。

内閣府大臣官房審議官(科学技術・
イノベーション担当)の江崎禎英
(えさき よしひで)氏は、

“ 厚生労働省の試算によれば、医療や
 介護に必要な金額は2025年には
 今より20兆円増加すると見込まれます
 (中略)
 

    仮に不足分をすべて消費税増税で賄う
 とすれば、2025年には消費税率を
 20%以上に引き上げる必要があります”
*8

“ 日本でも近い将来、「お金がない
 ために必要な治療を断念せざるを
 得ない」、

  「お金がないために
 愛する人の死を受け入れなければ
 ならない」、

 「お金がないために
 医者として助けられる命を見捨て
 なければならない」、

    そんな厳しい
 選択を迫られる日が来ることに
 なります”
*9

と、現在の制度の危機的状況と、
「このまま行けば」何が起こりうる
のかを警告されています。

しかし、江崎氏が実行すべきと主張
しているのは、決してこのような

「弱者切り捨て」

ではありません。

それどころが、現行制度の問題点を
全く別の角度からとらえ、本当に国民を
幸せにする医療とは何かを明らかに
された上で、具体的な解決策を提言
されているのです。

ザ・リアルインサイト10月号では、
2つめのコンテンツとして、

内閣府 大臣官房審議官 (科学技術・
イノベーション担当)の江崎禎英氏の
インタビュー収録映像

「社会は変えられる~不可能を可能にして
 きた現職官僚に聞く明るい日本の未来
(前編)」

「社会は変えられる~不可能を可能にして
 きた現職官僚に聞く明るい日本の未来
(後編)」

(収録時間:2時間39分)

を配信中です。

今月中にこちらからお申し込みいただくと、
全編をご視聴いただけます。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M26653&c=58110&d=5a4a

・欧米で高齢者は働くことができない?
欧米人が驚愕する、老後も元気に働く
日本人の真の価値とは?

・延命治療は本当に幸せ? 人生最後の
3日間で生涯医療費の3割を使うと
すら言われる現代医療の限界とは?

・防げるはずの病気を予防できずに莫大な
医療費がかかっている現実と実現可能な
「みんなが幸せになる医療」とは?

・医療技術が「患者のため」になるとは
限らない 科学界に存在するある
通弊とは?

・必要なのは断じて「切り捨て」ではない
医療を本当に充実させるための発想の
転換とは?

こうした事実を少しでも多くの方が
知ることで、 必ず社会は変えられます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ