「北朝鮮とアメリカの黒い関係」

「北朝鮮とアメリカの黒い関係」
コロナ渦でも頻繁にミサイルを撃てるワケ

なぜ朝鮮はコロナ禍でも
頻繁にミサイルを撃てたのか?

メディアが報じないこの“謎”
その鍵はなんと「武器」にありました‥

詳しくはこちら

あなたは不思議に思いませんか?

なぜ北朝鮮が
あれほどミサイルを撃てるのか。

実は、北朝鮮のGDPは、
島根県とほぼ同じくらいだそうです。

しかし、2020年の3月には、
コロナで窮地に立たされていたにも関わらず
計8発のミサイルを発射しました。

ちなみに1発の弾道ミサイルは
発射費用だけで690億円と言われています…

「コロナで追い込まれた島根県が
1ヶ月で8発ミサイルを発射…!」

そんなニュースが飛び込んできたら、
ありえないと思うのではないでしょうか。

アメリカのGDPの
1000分の1しかない北朝鮮。

そんなに貧しい国が、
どうやってミサイルを開発し、
発射しているのか…

そんな中、韓国の新聞の報道で

「北朝鮮のミサイルが
アメリカ製である可能性がある」

という記事が出ました。

北朝鮮の敵国であるはずの
アメリカがなぜ…?

そこには北朝鮮とアメリカの
驚きの癒着関係がありました…


北朝鮮とアメリカの黒い関係

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ