Drug-Induced Liver Injury After COVID-19 Vaccine

Cureus   2021, July,13

Drug-Induced Liver Injury After COVID-19 Vaccine

 

 COVID-19 Vaccineは、薬による肝臓損傷を引き起こした

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8372667/

概要

2019年コロナウイルス病(COVID-19)の最初の症例は、2019年12月に中国で報告されました。世界保健機関は2020年3月11日にパンデミックを宣言しました。それは、世界中で重大な罹患率と死亡率を引き起こしました。 COVID-19感染を生き延びた患者では、持続的な症状と重篤な合併症が報告されていますが、長期的な後遺症はまだ不明です。 COVID-19に対するいくつかのワクチンは、世界中で緊急使用が承認されています。これらのワクチンは優れた安全性プロファイルを備えており、副作用はほとんど報告されていません。薬物誘発性肝毒性は、主にさまざまな薬物または化学物質で見られます。ワクチンによる肝毒性の報告例は​​ごくわずかです。 COVID-19感染に対するワクチン投与後の肝障害の症例を提示します。 キーワード:covid-19ワクチン、肝機能障害、covid-19パンデミック、covid-19、薬物誘発性肝障害 移動: 序章 2019年12月に中国のウーハンでコロナウイルス病2019(COVID-19)を引き起こす新しいコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-COV-2)が出現し、パンデミックが続いています[1]。現在までに、世界保健機関[2]によると、世界中で1億7300万人以上の症例と370万人以上の死亡を引き起こしています。呼吸器系はこの病気の影響を受ける最も一般的なシステムですが、複数の臓器の症状に影響を及ぼします[3]。この病気の治療法を開発するための国際的な努力にもかかわらず、食品医薬品局が承認した唯一の薬剤としてレムデシビルを使用できる治療選択肢はまだ限られています[4]。世界中で急速に広がり、高い罹患率と死亡率を考えると、協調的な努力により、最初に診断された症例の1年でワクチンが開発されました。複数のCOVIDワクチンが前例のない速度で開発されました。これらのワクチンは、優れた安全性と有効性のプロファイルを持っています[5-7]。これらのワクチンで報告された最も一般的な副作用には、ワクチン部位の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛、リンパ節腫脹などの軽度の影響、およびアナフィラキシー反応などの重度の影響が含まれます[8]。薬物誘発性肝毒性は、処方薬と非処方薬で見られる一般的な有害事象です[9]。ワクチンによる肝毒性の症例はほとんど報告されていません。すなわち、抗狂犬病ワクチン接種による肝毒性と、インフルエンザウイルスおよびA型およびB型肝炎ワクチンによる自己免疫性肝炎です[10-17]。 COVIDワクチン接種後の肝障害の症例を報告します。 移動: ケースプレゼンテーション 過敏性腸疾患と胆嚢摘出術の既往歴のある61歳の女性が、全身の脱力感、体の痛み、乾いた隆起、華氏99.9度の低体温で救急外来を受診しました。患者は、症状が現れる9日前にファイザーCOVID-19ワクチンの2回目の接種を受けました。彼女は、結膜黄疸、保護なしの軽度の全身性腹部圧痛、または身体検査の硬直を有することが認められた。入院時、心拍数が90〜110拍/分である頻脈を除いて、患者のバイタルサインは安定していました。 実験室分析は、207 U / Lのアルカリホスファターゼ(ALP)の上昇、6.2 mg / dLの総ビリルビン、3.9 mg / dLの直接ビリルビン、17.2 x 109 / Lの白血球(WBC)数、および軽度の上昇で顕著でした。 37 U / Lのアスパラギン酸トランスアミナーゼ(表(表11および図1)。腹部超音波は、脂肪浸潤と互換性のある肝臓内のエコー源性の増加を示し、一般的な管の直径は6mmと測定されました。同時に、腹部のCT対照的に急性異常は認められなかった。患者は入院し、胆管炎と推定されるために経験的抗生物質の投与を開始した。胃腸病学の診察を受けた。造影剤のない磁気共鳴胆道膵管造影は、胆管内の充填欠陥、胆嚢摘出後の状態、内の胆管径を示さなかった。正常範囲で、肝臓は目立たない患者は無熱状態を維持し、WBCは低下傾向にあり、入院期間中に腹痛は改善した。これらの所見を考慮すると、感染症の専門家は抗生物質の中止を推奨しました。肝臓/腎臓ミクロソーム1型に対する抗体、平滑筋、抗ミトコンドリア、アルファ1抗トリプシンが陰性に戻り、さらに、セルロプラスミン、抗核抗体、アルファフェトプロテイン、およびA型、B型、C型肝炎のウイルス血清学が復活しました。ネガティブ(表(表2).2)。肝生検は最小限の浮腫を示し、小さなリンパ球、散在する多形核白血球、および少数の好酸球からなる散在する炎症細胞、界面肝炎での華やかな管病変の証拠、およびトリクロームおよびレチクリン染色での線維症の証拠を示唆していません。 表1

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ