「『老子』は、無為に生きよ、自然のままがよいという。」タグの記事一覧

◆楠山春樹『「老子」を読む』を読み解く

◆楠山春樹『「老子」を読む』を読み解く ※要旨 ・『老子』は、無為に生きよ、自然のままがよいという。 もっとも無為といっても、何もしないということではない。 無作為、つまりことさらな行為をしない、ということである。 ・老・・・

このページの先頭へ