「これこそが「頼朝公に並ぶ大将の道」であると、家康は感嘆した。」タグの記事一覧

◆『鬼・島津戦記。薩摩の意地』を読み解く

◆『鬼・島津戦記。薩摩の意地』を読み解く ※要旨 ・関が原の戦いにおける島津義弘を逃す決死の策「捨てがまり」「島津の退き口」には、 彼らの凄みが凝縮されている。 ひとつは、主従関係の濃密さ。 義弘が敵中突破を決心した際、・・・

このページの先頭へ